エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ポストモダニズム+日本的ムラ社会→安倍晋三+橋下徹↑という『化学反応』

広島ブログ

【ポストモダニズム+日本的ムラ社会→安倍晋三+橋下徹↑という『化学反応』】


冷戦崩壊後、ポストモダニズム的な『イデオロギーの時代は終わった』などという思想が流行しました。








著者は、これらと『日本的ムラ社会』(無言の同調圧力)が、25年をかけて、『化学反応』を起こしたと考えています。


ポストモダニズム+日本的ムラ社会→安倍晋三+橋下徹↑


 何かを自分の考えをもって主張する人間が、以前にまして居づらい社会が出来てしまったのではないでしょうか?


何か主張すると『偏っている』と冷笑される社会。


これが、冷戦崩壊後、長年続いてきたのではないでしょうか。


一部の固い信念を持った左派を除けば「デモ」をしなくなって久しくなりました。


デモが一般人も幅広く参加して起きるようになったのは、9.11テロ後、イラク攻撃をブッシュ大統領が強行しようとした2002年末からイラク戦争が始まった2003年3月くらいのころではないかと思われます。その後、2005年ころから、格差に抗議した若者の新しいデモ(独立系メーデー)、さらに2011年の3.11を契機とした反原発デモ、2013年の特定秘密保護法反対、2014年の集団的自衛権行使容認を契機としたデモなど、冷戦崩壊後の10年間よりはデモが盛んになっています。


しかし、それでも、まだ「選挙結果」に結びつくには至っていないのが現実です。

そうしたことのつけが、いま、安保法なりTPPなり労働法破壊なり、原発再稼働なりで暴走する安倍晋三政権という怪物です。


いわゆる市民派の一部も実はポストモダニズムと日本的ムラ社会の『化合物』に屈服したのです。


 一部の市民派は『右でも左でもない』というテーゼを掲げています。何か新しいものを生み出す振りをして、現実には、『偏っている』と批判されることを恐れていただけではないのか?


 また、「叩きやすいものだけを叩く」傾向もあります。橋下徹さんが一番の好例です。


 橋下徹さんに限らず、自治労なり一部地方議員の不正なりを叩いて馬鹿ウケを狙うタイプの政治家への追い風が2009年くらいから数年程度続いたのです。このタイプの主力を担ったのがわれらが団塊ジュニア世代の「大阪維新」なり「みんな」なり、一部「市民派」政治家です。


 もちろん、自治労や地方議員の一部が腐りまくっていたのは事実です。しかし、現代日本の主たる課題が、それらを叩くだけでどうにかなる訳ではなかったはずです。


 ただ、本当に批判すべき事象を批判しにくいからこそ、「自治労」なり「年配の腐った議員」なりを主たる標的にしていただけ、という面もあったのではないでしょうか?


彼らの本音を伺うと、実は非正規雇用をはじめ格差問題に怒っておられます。しかし、結局、街頭演説など、表の活動では、正規公務員のみを標的とするほうへシフトしてしまうのです。


「市民派」なり「維新」なりを叫んでいる議員も、有権者の動向を気にします。いや、彼らは確固たる支持基盤がないからこそ、格差是正を正面から取り上げずに、刹那的に正規公務員や、一部年配同僚議員批判に重点を置いて、ウケを狙ってしまうのです。


「安倍晋三」さんが、「日本的ムラ社会」+「ポストモダニズム」という思想の化学反応が生んだ暴走政権(固体)であるならば、「橋下徹」さんが、その化学反応から生じた時代の空気(気体)=「叩きやすいものが叩かれる」空気、と言えるのではないでしょうか?


最近では、それでも、反原発や反安保など、デモが盛んになり、民意が可視化されるようになりました。


神奈川新聞さんも「偏っていますが、なにか」という論説を発表されました。

 
 こうしたことを契機に、「ポストモダニズム」と「日本的ムラ社会」が化合した、「モノを言うと偏っているといわれる時代」「叩きやすいものを安直にたたく」ような、「「安倍晋三」と「橋下徹」の時代」もそろそろ終わりにしなければなりません。

ハシモトブームの真相 誰が橋下徹を押し上げたのか?: 2015大阪ダブル選挙を前に徹底検証! [Kindle版]

さとうしゅういち (著), 広島瀬戸内新聞 (編集)
Kindle 価格: 約¥ 121(1ドル)
販売: Amazon Services International, Inc

e0094315_10101557.jpg

e0094315_06411973.gif

役人からヘルパーへ 医療・介護担当の行政マンが介護現場で働いて見えたもの [Kindle版

]さとうしゅういち ドル)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B016OSYTWQ


       □ヒロシマの心活かす政界再編

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

SNSが見られなくなる前に国民連合政府で安保法廃止を・・準地元・イオン祇園前で次期国政選挙へ向け、協力呼び掛け

https://www.youtube.com/watch?v=xK6tCMSRKzw&feature=youtu.be

9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
9月11日安佐南区古市橋駅前街頭演説

「総理・国会は安保法案より関東・東北大洪水対策に集中を」「9.13一万人の人文字で政治に主権者の声を」

7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 

統一地方選挙2015関連
2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23785746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-10-18 22:29 | 新しい政治をめざして | Trackback