エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

□「国家社会主義・安倍」か「ネオリベ(脱成長)・橋下(市民派)」かではなく「反緊縮」の流れを!

広島ブログ
□「国家社会主義・安倍」か「ネオリベ(脱成長)・橋下(市民派)」かではなく「反緊縮」の流れを!

安倍総理は、GDPを600兆円にしたいということです。
これはちょっと、すぐには、非現実的でしょう。




人口が減少すること、耐久消費財消費や住宅建設などが伸びるはずがないことも考えれば、あまりにも非常識です。

あとは、政府主導=総理お得意の外遊で武器や原発を外国に売りまくるしかないのです。そして、東京五輪がらみで、使い道もないようなハコモノを乱造するしかないのです。「国家社会主義」の「ヒトラー」が、1930年代に人心をつかむためにとった経済政策に似ているともいえます。

だが、そもそも、1990年代後半の橋本龍太郎さんによる消費増税という緊縮財政や、小渕恵三さんによる派遣法改悪、そして小泉構造改革という「ネオリベラル」政治により、日本経済の供給力は落ちています。多くの中小企業が廃業に追い込まれ、さらに、生き残った企業も人材を育てる余裕がないどころか、使い捨てに走っています。こうした中で、いくら、公共事業を積み増ししても効果は薄いのです。ヒトラーの時代のドイツとは「前提条件」が決定的に異なるのです。

一方で、橋本龍太郎~第一次安倍政権くらいまでの新自由主義的な政権同様、社会保障は切り捨て、労働法の改悪は進めているので、生活不安は広がるばかりです。

こうした中で、総理への不満を押さえつけるため、権威主義的な政治が強まっています。すでに、メディアは、総理との会食で取り込まれています。

自民党は、2005年ころの小泉さん的な「ネオリベ」政党から、戦争経済+古い自民党的ハコモノばらまき+権威主義=「国家社会主義」政党へ変質した、と言っても差し支えない状況でしょう。

しかし、その先は、たとえばイスラム世界の人々からの信頼を失い恨まれる日本であり、場合によってはテロの標的になる日本です。外国に総理が売った原発が事故を起こせば、つけは、税金で国民が払います。

一方、橋下徹さんに代表されるのが「ネオリベラル」です。この流れは、大阪維新はもちろん、民主党の一部にも根強くあります。自民党ではかつては、小泉純一郎さんにみられるように、主流を占めた時期もありました。要は、「自治労打倒!」「議員特権打倒!」「超緊縮財政!」「シルバー民主主義打倒!」などです。1990年代初頭の冷戦崩壊以降、この流れは、むしろ、新進党など野党側から提起され、それを自民党が取り入れるという流れがあったのです。
さらに、このネオリベラルを補完してしまっているのが「市民派」です。市民派の場合は、「議員特権打倒!」の部分が橋下さんらと一致します。また、市民派は「脱成長」を掲げる場合が多いのです。ところが、この「脱成長」が、日本で根強い新自由主義と補完し合ってしまっていたのです。「あくせくしない」という市民派が主張したい文脈ではなく、「緊縮財政で福祉、教育を切り捨てる」ということに「ネオリベ」によって悪用されてしまったのです。これは「ネオリベ」があまりにも強いのに、不用意に市民派が「脱成長」を主張したことによります。

しかし、安倍総理にとり、野党が「橋下徹さん」や「市民派」の今の路線では、【怖くない】でしょう。万が一、「新自由主義者」や「市民派」が政権を取ったとしても、さらに日本は経済が崩壊するでしょう。それこそ、日本は、移民受け入れどころか、10年後には、昭和時代前半に日本人がブラジルやアルゼンチンなどに移民したようなことが再び起きるようなことになるでしょう。

いま、必要なのは、欧州左翼では主流となってきている「反緊縮」です。そして、2000年代後半から日本でもようやく強まってきた「反貧困」の流れと結び付けていくことです。日本共産党は、「反緊縮」の欧州左翼との交流をこのところ強めています。

 財政出動を取りつつ、ほどほどの成長を目指す(日本共産党は2%程度)。政府支出の中身は、先進各国と比べて極めて不十分な教育費や、子育て支援を充実させる。さらには、社会保障分野では、医療・介護従事者の賃金・労働環境を改善する。こうした方向です。人をとにかく大事にすることです。
そして、それにより、生活の質を高める=成熟社会をめざすということです。産業面でも、資源・エネルギー大量浪費から、知識集約的な方向へ成熟させていく、ということです。

 もちろん、上記のことは「とりあえず、安倍総理を次期国政選挙で打倒する国民連合政府」を成就させてからの課題にはなります。しかし、やはり、民主、維新の両党におかれても、「再分配重視」の方向へ政党ととしてのマニフェストを修正していかれたほうが、票にもなるし、日本の将来のためにもなると愚考いたします。

役人からヘルパーへ 医療・介護担当の行政マンが介護現場で働いて見えたもの [Kindle版

]さとうしゅういち http://www.amazon.co.jp/gp/product/B016OSYTWQ


http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23805392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ステイメンの雑記帖(暫定.. at 2015-10-25 23:40
タイトル : 【臨時国会】凶人安倍が「自分は最高責任者」だと主張し続け..
 戦後の通常国会としては最長となる会期日数が245日間となった第189回国会が閉会してから約1ヶ月。「平和主義」を定めた日本国憲法を形骸化させる「戦争法」や非正規雇用労働者を「一生涯ハケン」にしてしまう「労働者派遣法」改悪などの悪法を押し通して「我が世の春」を謳歌する凶人安倍は毎年恒例の内閣改造を行った!  だが、その改造内閣で起用された大臣’Sからはお馴染みの「政治とカネ」問...... more
by hiroseto2004 | 2015-10-25 07:45 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)