エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

役人からヘルパーへ 145+60日目の出勤です。日本国憲法69歳おめでとう

広島ブログ
役人からヘルパーへ。145+60日目の出勤です。本日は文化の日。ですが、さとうしゅういちは、祝日は関係なく、出勤です。まずは、日本国憲法69歳おめでとうございます。施行されたのは1947年5月3日ですが、公布は11月3日です。ですから、今日は憲法の誕生日と言えます。




ご利用者様、特に90代くらいの方とお話をしていると、日本国憲法のありがたさは身にします。

90代の方が若いとき、すなわち戦前・戦中は「女は一番風呂に入れなかった。」のです。
「いま、ここ(老人ホーム)では、だれにも遠慮なく入れるけえ、ええのう」
というお言葉に、(女性政治家の比率が低い、賃金格差が大きいなどまだまだ不十分とはいえ)日本国憲法24条が規定する男女平等が今は、一定浸透していることを感じます。

戦前、男性がではよかったか、といえばそんなことはない。
「野球をしよったら、先生に怒られた。」「毎日、軍事教練で大変だった。」
という80代の男性の方のお話は実感がこもっています。

戦争に駆り出される男性を女性が支える。そんな日本だったのです。

一定程度、男女平等が保障され、お年寄りも昔よりは安心できるそういう日本。
ただし、いま、それがまた後退しつつあります。戦前・戦中へ戻るかのように。

「長生きしたばかりに、またしんどい目をみた。」などと高齢者に嘆かれないよう、現役世代の私たちが頑張らないといけません。

ヘルパーという仕事柄、政党や市民団体の活動に参加しづらい面はあります。
しかし、平日昼間など、ほかの人が活動しにくいときに活動するなど、貢献の方法はいくらでもあります。

一人の介護ヘルパーとしても日本国憲法が活かされる社会を壊させず、維持、発展させていく方向で頑張ります。

役人からヘルパーへ 医療・介護担当の行政マンが介護現場で働いて見えたもの [Kindle版

]さとうしゅういち

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B016OSYTWQ

内容紹介

介護保険担当の広島県職員だった筆者。
介護現場で働く人たちの使命感と責任感に心を打たれ、現場にあこがれる一方、役人である自分と現場のあまりの待遇格差に憤りを覚えた役人時代。
退職後、介護事務を経て、職業訓練校で資格を取得し、介護職員として働いて、見えたものは???
行政と介護現場、双方の視点から、現代日本の社会保障を斬ります!
著者:さとうしゅういち
1975年11月12日広島県福山市生まれ。両親とともに生後すぐ東京に移り、東京で
育つ。1998年国家公務員一種合格。1999年東京大学経済学部卒業。2000年広島県入庁。
主に県内の中山間地域で医療・介護などの事業者指導・立ち入り検査などを担当。
2011年退職。介護・医療関係の事務職を経て、2015年からヘルパーとして働く。
この間2011年から2年間、広島市男女共同参画審議会委員。

著者は2000年、すなわち介護保険制度がスタートするのと同時に広島県に入庁しました。最初の二年間は、ヘルパーを養成する職業訓練校に勤務。その後は、一貫して、広島県内各地で介護保険や医療を担当し、2011年退職しました。そして、三年間、民間企業で介護施設の企画や運営に携わったのち、訪問介護員を勤めています。

著者の15年以上の職業生活(本業)はすべて介護保険と切っても切れないものでした。
行政と事務、そして現場すべてを経験した著者が、見たもの、そして現代社会への課題提起を、不惑を迎えようとするいま、まとめました。

ハシモトブームの真相 誰が橋下徹を押し上げたのか?: 2015大阪ダブル選挙を前に徹底検証! [Kindle版]

さとうしゅういち (著), 広島瀬戸内新聞 (編集)
Kindle 価格: 約¥ 121(3ドル)
販売: Amazon Services International, Inc


e0094315_06411973.gif


       □ヒロシマの心活かす政界再編

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

SNSが見られなくなる前に国民連合政府で安保法廃止を・・準地元・イオン祇園前で次期国政選挙へ向け、協力呼び掛け

https://www.youtube.com/watch?v=xK6tCMSRKzw&feature=youtu.be

9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 

統一地方選挙2015関連
2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23833831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-11-03 08:40 | 役人からヘルパーへ | Trackback