エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【思想/日本】ポストモダン+ムラ社会→安倍政権+自己責任論↑という化学反応・・日本人テロ被害者への同胞の冷たい反応

広島ブログ
【思想/日本】ポストモダン+ムラ社会→安倍政権+自己責任論↑という化学反応・・日本人テロ被害者への同胞の冷たい反応

イラク戦争以降、みなさんもご承知の通り、日本人もイラクやシリアなどで武装集団につかまり、運悪く命を落とした人も多くおられます。







そして、彼らはどういう反応に遭ったか?

ごうごうたる「自己責任」論による攻撃に遭ったのです。

ある時は、拉致被害者でさえ、小泉さん(当時、総理大臣)に逆らったとして、バッシングに遭ったときがありました。

この「自己責任」論とは、日本のムラ社会に、冷戦崩壊以降流入してきたポストモダニズムが混じって思想的化学反応を起こしたことにより生じた、時代を支配する空気ではないでしょうか?
 
 「自己責任」は、日本的な古臭さ(ムラ社会)を打破する論理として、反自民陣営(特に新進党とか民主党の右派あたりの流れ)にどちらかといえば、バカ受けした時代がありました。具体的な政治家名を挙げて失礼かもしれませんが、たとえば、前原誠司さん、野田佳彦さんなど松下政経塾系の民主党・新進党議員を支持する人に受けていた感じがします。

 しかし、気が付けば、「自己責任」は「自民党政府の失策」への「免罪符」として猛威を振るい始めたのです。

 政府の失策の被害者の落ち度を針小棒大に言い立て、政府を免責する。

 そして、政府関係者とか大手企業などのエライ人いというよりは、まさに、隣人が政府の代わりに隣人を叩くという状況が生じています。

 叩かれる対象は、テロの被害に遭った日本人をはじめ、派遣切りに遭った労働者、マタハラ被害者、奨学金返済に苦しむ苦学生、アメリカ兵に暴行された女性など多岐にわたります。不幸に見舞われた上に、マスコミや世論のバッシングを受けるのですからダブルパンチ、トリプルパンチです。

 そして、政府の失策が免罪される中で、安倍政権が枕を高くして暴走できる、という状況にあります。

安倍政権が「思想的化学反応」によって生じた「固体」なら、「自己責任論」は、時代を支配する空気という「気体」です。

 ちなみに、今度、日本人のテロ被害者が出たり、自衛隊がイスラム国との戦闘で犠牲者を出した場合どうなるか?

左翼の一部が期待しているような、
 「安倍政権への批判が強まる」
のか?

同じく、左翼の一部が懸念しているような
 「『報復だ』と世論が変なほうに盛り上がり、軍国化が進む」
のか?

わたしは、ずばり、そのどちらでもない、と予測します。

 フランスやアメリカなら世論の大勢が、「報復だ!」で盛り上がるでしょう。

 「良くも悪くも」アメリカ人やフランス人には彼らなりの「同胞愛」がある。

 しかし、今の日本にそんな空気はありません。ムラ社会とポストモダニズムの化学反応で生じた「自己責任論」が横行しているからです。
そして、完全に人々がばらばらにされているからです。

自衛隊員が戦死すれば
「自衛隊に入ったのも自己責任だ。」
「(遺族は)見舞金をもらえてええのう。」

金曜日の夜に劇場でテロが起きれば、
「金曜日の夜から劇場で遊べるリア充ザマア。」

そんな陰口が、リアルで、ネットであふれかねない。

アメリカやフランスとは別の怖さがある。

自分が直接被害を受けない限り、良くも悪しくも政治的に動こうとはしない。それが今の日本の「空気」ではないでしょうか?

もちろん、こうした空気の背景には、格差・貧困の拡大による、ルサンチマンの拡大もあります。他者に対して寛容になれない空気が充満している。

そこを改めるには、根気のいる作業が必要です。


https://www.facebook.com/events/703367866447204/


【最新著書】総理、これがホントの「男女共同参画」です: 女性の政治参画から労働、介護、貧困問題まで [Kindle版]
AMAZON:http://www.amazon.co.jp/dp/B017PAWTQK

FB: https://www.facebook.com/hontonosankaku/
著者 さとうしゅういち(元広島市男女共同参画審議会委員/広島瀬戸内新聞社主)
Kindle 購入価格: ¥ 121
紙の本の長さ: 64 ページ


e0094315_08483623.png

ハシモトブームの真相 誰が橋下徹を押し上げたのか?: 2015大阪ダブル選挙を前に徹底検証! [Kindle版]

さとうしゅういち (著), 広島瀬戸内新聞 (編集)
Kindle 価格: 約¥ 121(1ドル)
販売: Amazon Services International, Inc


e0094315_06411973.gif

役人からヘルパーへ 医療・介護担当の行政マンが介護現場で働いて見えたもの [Kindle版

]さとうしゅういち ドル)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B016OSYTWQ

e0094315_21540365.png


       □ヒロシマの心活かす政界再編

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

SNSが見られなくなる前に国民連合政府で安保法廃止を・・準地元・イオン祇園前で次期国政選挙へ向け、協力呼び掛け

https://www.youtube.com/watch?v=xK6tCMSRKzw&feature=youtu.be

9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 

統一地方選挙2015関連
2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23959778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-12-13 23:28 | 文化 | Trackback