エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

もし昨夏の反対運動がなければ、安倍総理は喜び勇んで「安保法」施行後ただちにサウジに味方し、イランに「宣戦布告」していたかもしれない

広島ブログ
【もし昨夏の反対運動がなければ、安倍総理は喜び勇んで「安保法」施行後ただちにサウジに味方し、イランに「宣戦布告」していたかもしれない】

歴史にIFは禁物と言いますが、それでもIF、それも恐ろしいシナリオでのIFが頭をよぎりました。

もし、あれほどの安保法反対運動がなければどうなるか?






安倍晋三総理は、サウジアラビアとイランの断交を受け、「存立危機事態」を宣言するでしょう。

現に、安倍総理自身が「交戦中のホルムズ海峡での機雷除去」を存立危機事態を根拠とする自衛隊派兵の具体例として挙げておられました。

そして、イランに対して事実上の宣戦布告を行う。
サウジアラビアがイランに空爆(F15イーグル戦闘爆撃機と空中給油機の編隊が使用されると思われる)を仕掛ける場合には、空中給油機を派遣し、その作戦を支援する。あるいは、サウジアラビア支援のために、イスラエルが参戦し、その後方支援に日本の空中給油機が入る。

e0094315_23413770.jpg
(上の地図は、イスラエル空軍によるイラン空爆の予想飛行ルート)


しかし、そのことがイスラム教徒シーア派の大きな失望を招く。
もともとは親日国家だったイラン。広島の原爆資料館の協力で平和博物館を造ったイラン。
しかし、日本への期待が裏切られたことへの怒りは、シーア派過激派を日本へのテロに走らせる。

標的は原発と新幹線。

そんな「最悪のシナリオ」が実現していたように思うのです。

「やはり、あのとき、法案阻止はできずとも、反対運動くらいはやっておくべきだった。」
と後悔したかもしれません。

安保法反対運動は無駄ではなかったと思う。
そして、今後とも発動阻止へ向けて、安保法反対の市民運動に加え、野党の選挙協力による自民党の暴走への「抑止力」も強化していきましょう。ありとあらゆる手段で、総理が戦争に突っ込むのを止めましょう。




https://www.facebook.com/events/703367866447204/




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24025763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-01-05 23:33 | 安保法案 | Trackback