エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【北海道五区補選】鈴木宗男・貴子親子の「裏切り」に元支持者の佐々木一夫・深川市議が再々反論!

鈴木宗男・貴子親子の「裏切り」に元支持者の佐々木一夫・深川市議が反論!
これに対して、鈴木議員が反論しました。これに対して、佐々木市議は鈴木議員に対して再々反論しました。

https://www.facebook.com/kazuo.sasaki.716/posts/505261296323957?pnref=story

鈴木貴子さんが、ありがたいこと、また極めて真摯に私のコメントに回答してくれましたので、反論させていただきました。





◎鈴木 たかこ
 コメントありがとうございます。sasakiさんは安保法案一点の廃止、廃案を前提に野党共闘すべきだとお考えかもしれません。ですが選挙での協力は必ず議会運営にも影響がでてきます。だからこそ、基本的な主義主張が異なるものが安易にくっつくことは私は理解できない、ということです。国民連合政府と民主連合政府は違う、とおっしゃっていますが、根本的な狙いは同じではないでしょうか。公式HPの基本理念、党綱領にも、その点は逆に明示されてはいないでしょうか。
◎Kazuo Sasaki
 貴子様、丁寧な御回答ありがとうございます。「国民連合政府と民主連合政府は違う・・・根本的な狙いは同じではないでしょうか。」は違うと思います、前者は個別政策政府であり後者は総合政策政府でしょう、しかも共に共産主義政府でないことも敢えて申し添えます、日共の政策の現実は社会民主主義です、それは我々が考える一億総中流社会と殆ど違いません、何より富の再分配社会の実現であり、特に新自由主義・市場原理主義の全面対決です、そこに「基本的な主義主張」が違いますか?逆に聞きたいが「あの」竹中平蔵をシンクタンクに迎え、産業競争力会議他で市場原理主義政策を次々と打ち出す安倍政権と「政治は弱者の為にある」「格差反対」を主張した大地の「政策」主張と「基本的な主義主張」が一致するのですか?また言うまでもなく安倍政権は原発再稼働を推進しています、貴方のお父さんははっきりと言いました「泊原発に何かあったら北海道は終わる、そんなリスクを抱えて原発再稼働などすべきでは無い、ロシアのウラジオストックからサハリン経由で燃料・ガスパイプを持ってくれば良いのだ、それで北海道は新たなエネルギー基地になり新たな雇用を生む」その「基本的な主義主張」がどうしてこの政権と重なるのですか?真逆じゃないですか?日共の主張の方が合致しますよ。貴方も反対したはずの安保法は憲法違反です、だがそれ以上に自民党の憲法改変案を見てますか?97条:基本的人権の削除を謳い、代わりに緊急事態法を持ってきています、完全に人権・立憲主義・主権在民を否定しています、大地の「基本的な主義主張」と真逆ではないですか?大地は憲法改定を挙げていましたか?そこまで言えば貴方の言う「基本的な主義主張」の規定とは何でしょうか、何故(実質実現不可能な)共産主義への評価まで飛ぶのでしょうか。政党及び政治家の基本は国民に約束した政策の実現です、その為に課題ごと政策ごとで共闘も連立政権も有得るのではないですか、ここで問題にすべき「基本的な主義主張」とは今、私が挙げたこの間の大地の主張してきた政策であると宣言します。蛇足ですがならば自民・公明の連立は評価できるのですか?安倍自民党は先に挙げた憲法改定を党是としており、一方公明党は本来創価学会を国教とするために創った「政党」です、これは憲法第20条に違反する思想ですし、本来的にはファシズム思想だと「私は」思っています、安倍自民と創価公明の連立政権は共にファシズム政党の連立だと私は思っています、何故貴方がこの両党の「基本的な主義主張」を問題にしないのか不思議です。

関連記事


鈴木宗男さん裏切りの座標軸分析 安倍総理の必死の分断工作とダーティなハト「小沢と鈴木」で割れる対応

http://hiroseto.exblog.jp/24040102/


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24137194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-02-14 13:56 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback