エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

高浜原発運転停止を命じる仮処分への各党の談話

広島ブログ
高浜原発運転停止を命じる仮処分への各党の談話です。






画期的な判断 小池政策委員長が談話

 日本共産党の小池晃政策委員長は9日、談話を発表しました。

 大津地裁は、本日、関西電力高浜原発3、4号機の運転停止を命じる仮処分決定を行いました。新規制基準に「合格」して再稼働した原発の運転停止を命じる仮処分決定は初めてです。

 2014年5月の大飯原発3、4号機差し止め判決、2015年4月の高浜原発3、4号機再稼働差し止め仮処分決定に続く、画期的な司法判断です。

 安倍政権と電力会社は、この度重なる判断を重く受け止め、高浜原発はもとより、全国の原発の再稼働を直ちに断念すべきです。

 日本共産党は、原発再稼働を許さず、原発ゼロの日本を実現するため、全国のみなさんとともに全力を尽くします。


■社会民主党

http://www5.sdp.or.jp/comment/2016/03/09/関西電力高浜原発3、4号機の差し止め決定につ/

2016年3月9日

関西電力高浜原発3.4号機の差し止め決定について(談話)

社民党幹事長 又市征治

1.本日、大津地方裁判所は、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを求めて滋賀県の住民が申し立てた仮処分について、差し止めを命じる決定をした。原子力規制委員会の新規制基準の審査に合格し再稼働した原発に対して初めての差し止め決定であり、また、稼働中の原発を停止させる決定としても初めてのことである。住民の不安や懸念を受け止めた画期的な決定であり、政府と原子力規制委員会、関西電力は、今回の差し止め決定を真摯に受け止めるべきである。社民党は、1月29日に再稼働した3号機の即時運転停止と緊急停止中の4号機の再稼働断念を強く求める。

2.活断層などによる地震の対策や津波対策も不十分であり、実効性ある多重防護体制もなく、使用済み核燃料の対策なども未整備のままである。いったん事故が起きれば、京都府や滋賀県等にも甚大な被害を及ぼすことは必至である。3月11日に丸5年を迎えるが、東京電力福島第一原子力発電所事故も収束せず、原因究明もなされていない。新規制基準自体が、東京電力福島第一原発事故の検証や原因究明も不十分なままに決定され、田中俊一原子力規制委員会委員長自信、基準合格は「安全を担保したわけではない」としている。昨年の夏も電力需要ピークも原発なしで乗り切り、その後も安定的な電力供給が続き、「電力不足」は発生していない。到底、高浜原発の再稼働を容認できる環境にはない。社民党は、原発再稼働を許さず、「脱原発」社会の実現に引き続き全力を挙げる決意である。

以上


■緑の党グリーンズジャパン

【声明】史上初めて、運転中の原発を司法が止める
-国は今度こそ司法判断を真摯に受け止め、原発からの撤退を-

http://greens.gr.jp/seimei/16822/

                        2016年3月10日
緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 3月9日、大津地裁は、関西電力高浜原発3・4号機の運転を禁止する仮処分決定を発令し、これを受けて関西電力は、汚染水漏れや緊急停止など相次ぐトラブルによって停止中の4号機に加え、3号機についても運転停止の手続に入りました。史上初めて、司法判断によって運転中の原発が停止しました(注1)。

 福島原発事故が、きわめて広範かつ深刻な被害を現在も与え続けており、同様の事態を二度と引き起こしてはならないことは、誰もが同意するところです。 今回の決定は、この誰もが同意できる事実と考えに基づき、「(福島第一原発事故による)災禍の甚大さに真摯に向き合い、二度と同様の事故発生を防ぐ」ために、「事故の原因究明を徹底的に行なうことが不可欠」とし、その究明が未だ途上であり明らかになっていない、としています。そして、「新規制基準が福島原発事故に学んだものなのか不安を覚えざるを得ない」「(その規制規準に基づく)設置変更許可によって直ちに安全性が示されたとは言えない」旨も明確に述べ、関電に対してだけではなく、規制委員会の姿勢にも疑問を呈しています。

 国や規制委員会は、2014年5月の福井地裁による大飯原発差止判決、2015年4月の福井地裁による高浜原発差止仮処分、そして今回の大津地裁による高浜原発差止仮処分の三度の司法判断を、今度こそ真摯に受け止めなければなりません。まず、規制委員会は、一連の司法判断の指摘を踏まえ、福島原発事故の徹底検証という原点に立ち戻り、新規制基準を徹底的に見直すか、撤回すべきです。また、政府は、2030年に原発による発電を20~22%とする等という非現実的なエネルギー政策を根本から見直して、原発の稼働に振り向けられている政策的・財政的資源を福島原発事故の被害者・避難者への補償や支援、省エネや再エネの拡大への誘導策に転換するとともに、これまでの原発立地地域が原発に頼らず経済再建を図れるよう、全力を尽くすべきです。

 私たち緑の党は、今回の司法判断を高く評価するとともに、関連する一連の訴訟や請求に関わっておられる原告・弁護団、支援者の皆さんの粘り強い活動に心から敬意を表します。そして、今後も広く市民の皆さんや他の政治勢力、そして世界の緑の党とも手をつなぎ、福島原発事故の被害の完全救済、原発政策からの脱却に向けて、全力を尽くしていきます。

(注1)2015年4月14日に福井地方裁判所が同原発の運転を差し止める仮処分決定を出した際は、同原発は運転を停止していた。運転中の原発の停止が司 法判断で決定したのは、国内だけでなく、世界でも初めての可能性が高い(調査中)。なお、大飯原発差止訴訟の福井弁護団事務局長を務める笠原一浩・緑の党 地域代表協議会委員は、今回の大津地裁仮処分の弁護団にも名を連ねている。



https://www.facebook.com/events/703367866447204/


【最新著書】総理、これがホントの「男女共同参画」です: 女性の政治参画から労働、介護、貧困問題まで [Kindle版]
AMAZON:http://www.amazon.co.jp/dp/B017PAWTQK

FB: https://www.facebook.com/hontonosankaku/
著者 さとうしゅういち(元広島市男女共同参画審議会委員/広島瀬戸内新聞社主)
Kindle 購入価格: ¥ 121
紙の本の長さ: 64 ページ


e0094315_08483623.png

ハシモトブームの真相 誰が橋下徹を押し上げたのか?: 2015大阪ダブル選挙を前に徹底検証! [Kindle版]

さとうしゅういち (著), 広島瀬戸内新聞 (編集)
Kindle 価格: 約¥ 121(1ドル)
販売: Amazon Services International, Inc


e0094315_06411973.gif

役人からヘルパーへ 医療・介護担当の行政マンが介護現場で働いて見えたもの [Kindle版

]さとうしゅういち ドル)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B016OSYTWQ

e0094315_21540365.png


       □ヒロシマの心活かす政界再編

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

SNSが見られなくなる前に国民連合政府で安保法廃止を・・準地元・イオン祇園前で次期国政選挙へ向け、協力呼び掛け

https://www.youtube.com/watch?v=xK6tCMSRKzw&feature=youtu.be

9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 

統一地方選挙2015関連
2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24210090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-03-11 10:13 | エネルギー政策 | Trackback