エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「承久の乱」以来の「純然たる日本革命」になるか

広島ブログ
■「承久の乱」以来の「純然たる日本革命」になるか

日本で純然たる革命と言えば、承久の乱でしょう。

執権の北条義時を事実上のトップとする武士(上級農民)で構成される鎌倉幕府が、貴族勢力(京方)のトップの後鳥羽上皇を破り、後鳥羽上皇と息子の土御門上皇、順徳上皇は、隠岐の島に島流しになりました。
わずか3歳の仲恭天皇についても廃位されました。鎌倉幕府将軍の従弟である天皇さえも容赦されなかったのです。






後鳥羽上皇といえば、「治天の君」。その権威は天皇よりも上と言えます。その後鳥羽院が、島流しになったのです。現代風に言えば「シベリア送り」でしょうか?「網走刑務所行き」でしょうか?

「大日本帝国」が滅亡した第二次世界大戦敗戦時でさえも、昭和天皇が退位されなかったことを考えれば、承久の乱の衝撃の大きさがわかります。

貴族側の所領3000か所は没収され、武士に恩賞として与えられました。

義時を継いだ泰時は「御成敗式目」という法律を制定しました。現代でいえば、「新憲法制定」です。

西日本(当時は、圧倒的に関西以西が日本の中心だった)でも貴族から武士にこの国の支配階級が移行したといえるでしょう。
これを革命と言わずして何を革命というのか?

「鎌倉幕府は左翼」というギャグも時々ネット上で見かけますが、当たっているでしょう。

承久の乱で固まった武家支配を覆したのが、1868年の明治維新です。
しかし、これを市民革命と呼ぶのかは、議論が分かれるところです。
さらに、自由民権運動や、第一次護憲運動(野党共闘と市民運動による桂太郎打倒)、第二次護憲運動なども革命的な動きと言えば言えなくもない。

2.26事件については、「失敗した社会主義暴力革命」だったという見方もできなくもありません。たとえば、男女共同参画とは、この事件で首謀者とされて死刑になった北一輝の発案によるものでした。事件を起こした青年将校が、北一輝の教えを完全実施できたとすれば、日本は相当に民主的な国になったのは否定できません。
もちろん、現実には2.26事件は失敗し、軍部内の主流派が事件を利用していったわけです。

日本国憲法制定も革命と言えば革命です。しかし、敗戦によってもたらされたという意識が根強くある。幣原喜重郎から憲法9条を提案したことにみられるように「押し付けではない」が、日本人が自力で勝ち取ったものでもない。

「日本内部のある階級が」「自力で支配階級(体制)」を交代させたのは、やはり承久の乱しかない。

ちなみに、安倍総理が2014年以降、この国でやっていることは「クーデター」です。国民から憲法を実質的に次々と奪っているからです。

それに対して、市民が安倍総理に奪われた権利を奪い返す。

そのことが成功すれば、日本で、歴史的に、承久の乱以来、久方ぶりに、「純然たる革命」の成功例となるのではないでしょうか。



「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24231379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-03-18 22:42 | 新しい政治をめざして | Trackback