エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

熊本大震災 被災者救援・川内原発停止 政府に緊急申し入れ 共産党小池書記局長ら官房副長官に

熊本大震災で、共産党の小池書記局長らは被災者救援に全力を挙げるとともに、川内原発の停止を求めました。

 

2016年4月17日(日)九州地方地震 政府に緊急申し入れ

党議員団 小池書記局長ら官房副長官に


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-17/2016041701_01_1.html


日本共産党国会議員団の「九州地方地震対策本部」(熊本地震対策本部から改称)は16日、国会内で会議を行い、政府に対する緊急申し入れ事項を協議・確認しました。これを受け、小池晃本部長(書記局長)と穀田恵二国対委員長は同日、首相官邸を訪れ、世耕弘成官房副長官に申し入れました。申し入れは以下の通りです。

 一、熊本県、大分県を中心とした九州地方地震は被害が広域に及んでおり、多数の死者、負傷者が生まれている。大規模な地震も続き、多くの人たちが屋外などに避難されている。

 政府として、関係自治体とよく連携して、救命・救援に万全の措置をとること、被災者への支援、二次災害や被害の拡大防止に全力を集中することを求める。

 日本共産党も、救命・救援に全力をつくすとともに、必要な情報提供を行っていく。

 一、この状況下で川内原発が稼働を続けていることに、多くの不安の声が寄せられている。

 震源域が九州横断的に拡大しており、この地震が今後どのように広がるかは予測がつかない。新幹線や高速道路が不通であり、万が一事故が起きた場合に、避難に重大な支障が生まれることは明らかである。電力需要からみても、川内原発を動かし続ける必要はない。

 以上の理由から、日本共産党は、不測の事態に備えて、川内原発をただちに停止することを求める。

 少なくとも、稼働継続ありきでなく、稼働継続の是非について、政府として英知を結集して真剣な検討を行い、国民・住民の不安にこたえるべきである。

 申し入れに対して世耕副長官は、「地震の救援について協力してやっていきたい」と表明しました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24310312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2016-04-17 22:52
タイトル : 【熊本大震災】緑の党も川内原発停止と伊方・玄海などの安全..
熊本大震災 被災者救援・川内原発停止 政府に緊急申し入れ 共産党小池書記局長ら官房副長官に 緑の党も以下の声明を出しています。 【声明】 九州一帯での地震の連動に備え、      川内原発の即時停止と周辺原発の安全管理を! 2016年4月17日 緑の党グリーンズジャパン運営委員会  去る4月14日に熊本で地震が発生し、その後も震度6以上の大きな 地震が相次いで断続的に九州一帯を襲っています。震源が一帯を走る 断層に沿って動いていることを考えると、今後も連動して各地...... more
by hiroseto2004 | 2016-04-17 20:20 | 熊本・大分大震災 | Trackback(1)