エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イランが、最近孤立気味のトルコに助け船?

イランが、最近、やや孤立気味のトルコに助け船を出しているような感がありますね。

イランは先日、EUの上級代表の来訪も受け入れています。西側との関係改善も進んでいます。

逆にトルコが、孤立気味です。そうした中で助け船を出した感もありますね。


イラン大統領が、イスラム世界の問題の解決に向けたイランとトルコの協力を強調

http://parstoday.com/ja/news/iran-i6310

イランのローハーニー大統領が、イスラム世界の抱える問題の解決に向けたイランとトルコの協力の拡大を求めました。






イルナー通信によりますと、ローハーニー大統領は16日土曜、トルコの首都アンカラで行なわれたイランとトルコの戦略協力評議会の会合で、OICイスラム協力機構の議長国がトルコに引き継がれたことに触れ、イランとトルコが、互いの協力により、イスラム世界の問題の解決を促すことができるよう期待感を表明しました。

トルコのエルドアン大統領もこの会合で、「イランとトルコはあらゆる側面から互いを補完しており、国際情勢への正しい解釈や新たな機会の活用により、両国の関係を拡大することが可能である」と語りました。

OIC首脳会議に参加し、トルコの政府高官と会談を行うために、高等使節団を率いてアンカラを訪問したローハーニー大統領は16日、帰国しました。

ローハーニー大統領は帰国した際、テヘランのメフラーバード国際空港で、「地域問題についてトルコとの間にある対立は少なく、共通の見解の方が多いが、このわずかな対立は解消されるべきだ」と述べました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24310736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-04-17 22:34 | 国際情勢 | Trackback