エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

阪神淡路大震災と熊本大震災の違い・・震度5/6の地震が繰り返されたのではたまらない

□阪神淡路大震災と熊本大震災の違い

阪神淡路大震災では、余震はその日の朝のM4.9,奈良で震度4を記録したのが最大でした。






熊本大震災では、中央構造線の真上で、震度5や震度6の地震がこれでもか、これでもかとしつこく起きているのが大きな違いです。
こういうことは現行の建築基準法などは想定していません。

いくら40年前の建物が古いといっても、1968年の十勝沖地震の教訓でかなり耐震力は強化されています。

しかし、こうもしつこく毎日のようにまるで親の敵を討つかのごとき地震が繰り返されたのでは、頑丈に建てられた建物でもたまったものではありません。

震度7一発よりも、震度5や震度6を毎日繰り返された方がダメージは効きます。

ひびが入ったりした建物なり構造物に近寄らない、これしか対処のしようがないですね。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24315394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-04-19 19:27 | 熊本・大分大震災 | Trackback