エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「川内原発止めろ」も言えなかった民進党中央・・・北海道5区補選敗因の1つ

熊本大震災後、民進党中央は結局、「川内原発止めろ」も言えませんでした。


旧維新の党出身で労働組合のしがらみがない江田憲司さんが声を上げてはいました。

しかし、結局、党としては政府(総理)に要求しなかった。


この事が無党派層を失望させたのではないか?







投票に行った無党派層は、7割が野党共闘候補に投票したものの、「自民も民進も五十歩百歩」と考えてしまい、棄権した無党派層も多かったと思います。


民進党の中央は電力総連に遠慮したかもしれませんが、この「配慮」こそ裏目に出たと思います。


万が一原発が事故を起こせば電力総連組合員だって困るでしょう。


電力総連組合幹部の言いなりではなく毅然とした対応が民進党の幹部に求められます。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24335737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-04-27 19:12 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback