エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

大平衆院議員、若い世代と懇談

つくだ守生さんの報道です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=796282897175012&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=3&theater

新日本婦人の会広島県本部の日本共産党有志後援会「なずなの会」は11日、広島市内で「若い世代の集い」を開きました。子育て中の若い後援会員などが選挙で力を発揮しようと初めて集まったもので、大平喜信衆院議員を囲んで懇談しました。
 大平議員は、安倍政権の暴走に対して確かな足場を持って対決する日本共産党の存在意義を強調。「32の1人区で野党共闘の統一候補を勝利させるとともに、比例で日本共産党を大きく躍進させ、広島では高見あつみ選挙区候補を押し上げよう」と呼びかけました。
 懇談では、管理統制が強まる広島県内の教育現場で、一人ひとりの子どもが大切にされない悩みが続出。大平議員は「日本の教育予算はOECD諸国の中でも最低水準となっている。せめて先進国の平均レベルに引き上げ、少人数学級の実現などで、忙しすぎる教員の負担を減らすことなどが大事だ」と提案しました。

〔写真〕若い世代と懇談する大平議員(正面中央)=11日、広島市

e0094315_22312090.jpg


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24451215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-11 22:31 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback