エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アメリカ軍の妨害?の中、イラク軍がISISからファルージャ奪還中?【他社報道】

アメリカ軍が、実はイラク政府(シーア派穏健派)によるISIS鎮圧を妨害しているのではないか?という記事です。

サダーム・フセイン打倒当初は、アメリカの傀儡との見方もあったシーア派系のイラク現政権。しかし、今は、トルコ、そしてアメリカと距離ができています。

アメリカこそ、ISISを支援しているのではないか?その疑惑は深まるばかりです。

イラク軍、ファルージャ市街地中心部に進攻

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i9718

テロ組織ISISに占領されたイラク西部のファルージャの解放作戦が続けられる中、イラク軍がファルージャ市街地の中心部に達しました。

イラクのスメリアニュースのサイトによりますと、イラク軍と義勇軍は、ファルージャ解放作戦を続ける中、市街地中心部に到達しました。

また、テロリストが地域外に出る道が遮断されたことにより、ISISは完全に包囲されています。

こうした中、イラク義勇軍の関係者は、サウジアラビアなどの一部のISIS支援国が、ファルージャの解放作戦を停止させるため、イラクのアバディ首相に大きな圧力をかけているとしました。

イラク義勇軍の司令官の一人も、アメリカ軍が一部のISISの訓練施設を管理しているとしました。

これと同時に、バグダッドの市街地で2件の爆弾テロが発生し、これにより数名が死傷しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24454040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-13 01:30 | 国際情勢 | Trackback