エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

希望のまち東京をつくる会 声明  都民のために働く都政の実現をめざして立ち上がります

2014年の都知事選挙で次点となった宇都宮健児さんを応援した「希望のまち東京をつくる会」の声明です。


2016年06月15日

希望のまち東京をつくる会 声明  都民のために働く都政の実現をめざして立ち上がります

http://utsu-ken.seesaa.net/article/439018191.html

今日、舛添東京都知事が辞意を表明しました。
 都議会で知事への不信任案の可決が必至となったことを受けての辞職表明ですが、一連の疑惑に対してきちんとした説明をできないことへの都民の憤りが、今回の辞職を実現させたといえます。

 都民の納得の得られる説明ができなかった以上、その辞職は当然だったとはいえ、2012年12月に猪瀬氏が知事に選ばれた都知事選、その辞職による2014年2月の都知事選につづく選挙となり、4年間で3回の都知事選挙という、きわめて異例の状況となります。






 前回の選挙も、猪瀬氏の5000万円受領問題を受けて、カネと政治が問われた選挙でした。にもかかわらず、今回また同様の事態が繰り返されたことはきわめて遺憾です。

 次の都知事選挙においてこそ、真に都民の福祉のために活躍できる、クリーンな知事を誕生させなければなりません。

 私たちは前回の選挙で元日弁連会長の宇都宮けんじ氏を擁立し、対立候補であった舛添氏の政治資金問題も追及しながら、都知事選挙をたたかいました。

 惜しくも2012年の都知事選に続き次点となりましたが、私たちは選挙後も、宇都宮氏を先頭に、毎回の都議会の傍聴や政策研究会を継続し、シンポジウムや集会なども開催しながら、都政の監視と、都知事選で掲げた政策実現への働きかけを続けてきました。

 私たちは、まもなく行なわれる都知事選挙において、前回の都知事選でともにたたかった人たち、また、さらに幅広く、多くの志を同じくする人たちと手を携え、知恵を集め、真にクリーンで都民のために働く都政の実現をめざして立ち上がります。

2016年6月15日 希望のまち東京をつくる会
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24460343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-15 18:47 | 東京都政 | Trackback