エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

EU離脱巡る国民投票前に残留派の労働党議員暗殺

国会議員が暗殺されるのは26年ぶり。
残留派、離脱派とも16日の運動は自粛したそうです。
とにかく、このような言論を押さえつける暴力はいけません。

“EU残留派”英議員、銃撃され死亡

 イギリスでは、EU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐる国民投票が迫る中、残留を支持していた労働党の下院議員が銃撃され、死亡しました。
 亡くなったのは労働党のジョー・コックス下院議員です。目撃情報によりますと、コックス議員がイギリス中部リーズ近郊の図書館を出たところ、白い野球帽をかぶった男に少なくとも2回発砲された後、刺されたということです。その後、警察は現場近くでトミー・メイア容疑者(52)を逮捕しました。

 コックス議員は、23日に行われる国民投票でEUへの残留を支持していますが、今回の事件と国民投票との因果関係や、犯行の動機など詳しいことは分かっていません。

 今回の事件を受けて、残留派・離脱派、双方ともに16日のキャンペーンを中止すると発表しています。(17日04:24)

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24464204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-17 10:13 | 国際情勢 | Trackback