エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ポストモダンが終わったーーイギリスのEU離脱多数

1991年がソビエト消滅で、モダンが終わった年として記憶されるなら、2016年は、ポストモダンが終わった年として記憶されるのではないでしょうか?
イギリスの国民投票でEU離脱多数となりました。

離脱(Leave)51.9%、残留(Remain)48.1%。
4%近い差でEU離脱派が多数でした。

ちょっと予想外に大きな差が付いた印象があります。

EUは、TPPよりはよほど民主的ではないでしょうか?
さらに、イギリスはポンドという独自通貨を使えるという特別あつかいを受けています。

本社社主も「日本人の感覚」として、残留派が優勢かとも思ったのですが、意外に離脱派が多数でした。

決まった以上は、外国人であるわたしとしても、結果を尊重し、良い方向にイギリスとEU、そして世界が良い方向へ向くよう、お願いするのみです。

移民政策で、独自の路線をとりたいというのが最大の離脱派の動機とされていますが、より根元的には国家主権と国民国家レベルの民主主義を取り戻したいという要求が強かった。

EUをめぐっては、ギリシャが2015年、EUによる緊縮策受け入れ拒否という国民投票結果を出し、「離脱か」と噂されたこともあります。
経済的に苦しい国にとっては、豊かな国からの再分配がもっとないとやっていけないという思いはあります。

そして、独自性を大事にしたいというイギリスのような国もある。

EUに象徴されるポストモダンが終わりつつある。EUは大きな変容を迫られるでしょう。

イギリス自身も残留派が多数のスコットランドではEU残留の為にイギリスから独立を、という運動が大きくなりかねない。

ともかく四半世紀のポストモダン=国際機構に主権を移していくことも特徴の一つだった時代=はここに幕を閉じました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24480780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2016-06-24 21:53
タイトル : 庶民の怒りに打倒された「既得権化したポストモダン」
ポストモダンが終わったーーイギリスのEU離脱多数 【庶民の怒りに打倒された「既得権化したポストモダン」】 EUでは、昨年は、ギリシャで、緊縮策受け入れをギリシャが拒否する国民投票結果を出し、「すわ、離脱か?」という騒ぎになっています。結局は、チプラス首相が独仏などに屈服し、受け入れたわけです。 しかし、今回は、比較的EU内部で経済的に豊かなイギリスで、離脱という選択をしました。 ギリシャの場合は、緊縮策を押しつけられたらたまらないという庶民の怒りの爆発。 一方、イギリスでも、EUが移民...... more
by hiroseto2004 | 2016-06-24 21:00 | 国際情勢 | Trackback(1)