エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

1980年代はもう取り戻せない・・・イギリス国民投票とアベノミクス

安倍総理の経済政策である「アベノミクス」は、乱暴にまとめれば「1980年代を取り戻す」ということだとおもいます。

輸出でガンガン稼いでいた1980年代。
ハコモノがどんどん地方にもでき、活気があったようなイメージがある1980年代。
あのころを取り戻そう。

「訳もなく元気だった」という「Yモバイル」のCMに見られるような雰囲気が一定程度広がっています。

安倍総理は、そういう部分で、幅広い年代にそれなりの支持層を得ている面があります。

2000年代前半の小泉総理への熱狂的な支持とは違う感じがします。









むしろ、かつての古い金丸・竹下的な自民党的な支持層が、業界団体などを経由することなく、総理の政策のイメージにより維持されているという感じがします。
少々腐っていても、景気を良くしてくれそうだからいいや。
そんな感じの支持です。

しかし、1980年代モデルはもう取り戻せません。
「あのころ」のように、アメリカや欧州への輸出でなんとかなる時代ではないのです。

アメリカは足踏み、欧州も、今回のイギリスの件を契機に混乱というか戸惑いが予想される。

結局、この4年間、実質賃金は下がり続けてしまいました。額面の賃上げよりも、物価、特に輸入物価の上昇の方が効いたのでしょう。

それより、福祉や教育という庶民が潤う大幅な内需拡大の余地があるのです。
しっかり担税力があるところに負担していただき、内需拡大の余地がある部分にお金を回す。
そのほうがいいのではないでしょうか?

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24483574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-25 18:26 | 反緊縮・格差是正 | Trackback