エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「安保法に基づく出動は違憲」自衛官が提訴

よく訴えられました。

心から敬意を表します!

戦時中に翼賛選挙は違法だとして訴え、違法判決を勝ち取った方がおられました。
そんな勇気がある人がいまもおられることに感動しました。
そうです。「入隊時は集団的自衛権行使となる命令に従うことに同意しておらず、従う義務はない」のです。


「防衛出動は違憲」 自衛官が国を訴え 東京地裁

http://mainichi.jp/articles/20160712/ddn/041/040/010000c

安全保障関連法に基づく防衛出動は集団的自衛権の行使となり憲法違反だとして、関東地方の陸上自衛官が国を相手取り出動命令に従う義務がないことの確認を求めて東京地裁に提訴したことが分かった。安保関連法が施行されて以降、各地で訴訟が起きているが現役自衛官の提訴が明らかになるのは初めて。

     提訴は3月30日付。11日に開かれた第1回口頭弁論で、国側は「(防衛出動の条件となる)存立危機事態は発生しておらず、将来発生するかも不明で、訴えの利益はない」として却下を求めた。訴えによると、原告の自衛官は1993年に入隊した。憲法9条は日本への攻撃がない場合の武力行使を認めていないとした上で「入隊時は集団的自衛権行使となる命令に従うことに同意しておらず、従う義務はない」と主張している。【伊藤直孝】


    トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24523949
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    by hiroseto2004 | 2016-07-13 06:38 | 安保法案 | Trackback