エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【署名】介護職の想い。介護職員が、しんどくて辞めずに働き続けられるように!誰もが必要な介護を、安心して受けられるために!国に声を届けます!


https://www.change.org/p/介護職の想い-介護職員が-しんどくて辞めずに働き続けられるように-誰もが必要な介護を-安心して受けられるために-国に声を届けます?recruiter=33239821&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=des-lg-share_petition-no_msg&fb_ref=Default

私たちは、介護現場で働く介護職員です。私たちは、日々、慢性的な人手不足の中、大人数の高齢者や、介護が必要な方々の生活を、必死に支えています。身体が動けなくなっても、認知症になっても、安心して、地域や施設で暮らしてもらえるように、走り回っています。






 それでも、介護の仕事は、仕事量の多さや、命に関わる責任量に対して、自分たちの生活に充分な給与ではありません(他職種の平均月給より11万円低いと言われています)。だから、辞めていく介護職員がとても多いし、求人してもなかなか職員が来ません。

 国は「介護離職ゼロ」を掲げ「介護職員の給与を1万円あげる」と言っています。しかし、現実は、介護事業所への介護報酬を切り下げ、処遇改善目的で支給されたている介護職員への賃金は、会社のマイナス部分に使われています。

 また、介護保険から要支援者(介護度の軽い人)が切り離され、一部の利用者に2割負担が始まり、介護を受けたくても受けられない人たちが増えています。

 そんな中、国は、さらに、2018年4月の介護保険改定で、「要介護1~2(軽度者)の生活援助・福祉用具・住宅改修は原則自費」、「自己負担2割の拡大」、「要介護1~2を介護保険から切り離し」を行おうとしています。

 これが現実化したら、介護を受けたくても受けられず、重度化する人が今以上に増えるのではないかと、危機感でいっぱいです。これは「介護離職ゼロ」に逆行していています。

 だから、 私たちは、国に要求します!

1、働く人のために!

 介護職員への処遇改善のための賃金は、介護事業所ではなく介護職員に直接渡るようにしてください。働きやすい介護現場の人員基準の見直しを行ってください。介護職員が辞めていく悪循環を終わらせるために、介護職員への待遇をもっと良くしてください。

2、中小介護事業所が存続できるように!

 2015年の介護報酬切り下げによって、過去最大に中小介護事業所が倒産しています。介護事業所の運営悪化から介護職員の労働条件は、さらに悪くなっています。2015年以前の介護報酬に戻してください。

3、介護を受ける人のために!

 要介護1~2を介護保険から切り離さないでください。「要介護1~2の生活援助・福祉用具・住宅改修は原則自費」等の改定案を取り止めてください。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24545686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-07-22 21:14 | 介護・福祉・医療 | Trackback