エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アメリカ、新型核兵器に莫大な費用

アメリカは、オバマ大統領が核廃絶を強調する一方で、凄まじい巨額の予算を核兵器の新型化に投入します。

敢えて申し上げる。原爆投下を謝罪せよとは言わない。しかし、アメリカは核軍縮に向けた誠実な義務を履行せよ!

アメリカの新型核兵器に莫大な費用

アメリカの研究機関が、報告の中で、アメリカの核兵器の新型化計画に莫大な費用が投じられていることが明らかにされました。

スプートニク通信によりますと、アメリカの戦略・予算評価機関は、17日水曜、報告の中で、アメリカの核兵器の新型化計画は、総予算の点で、アメリカの国防総省の兵器確保に関する25の計画の一部だ、としました。

同機関は、オハイオ級潜水艦やB21爆撃機、潜水艦搭載のトライデントⅡミサイルの新型化計画を、アメリカ国防総省の最大の費用をかけた兵器確保プロジェクトだとしました。

さらに、2035年にオハイオ級潜水艦の交換計画が完了するときまで、アメリカ海軍は総額1380億ドルの費用をこの計画に投じる見込みだ、としました。

また、陸、空、海の抑止兵器の新型化に向けた費用は、今後30年で1兆ドルになると予想しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24603393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-08-18 23:53 | 反核・平和 | Trackback