エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

パキスタン人イスラム教徒が日本の入管の豚肉提供に抗議のハンスト

入管というのは、当然、イスラム教徒に何を食べさせたら駄目かくらいは把握していてしかるべきでしょう。再発のないようお願いしたいですね。

イスラム教徒が日本の入管の豚肉提供に抗議のハンスト

http://parstoday.com/ja/news/japan-i15112

パキスタン人のイスラム教徒が、東京入国管理局横浜支局で食事に豚肉を出されたことに抗議し、ハンガーストライキを行っています。

インターネットサイトbusiness-standard.comの報道によりますと、2週間前、東京入国管理局横浜支局に収容されていた、この48歳のパキスタン人男性は、豚肉の入った食事を提供されたことに抗議し、ハンガーストライキを続けています。

このイスラム教徒の男性は、現在、水とサプリメント食品のみを口にしており、関係者によれば、命に危険はないということです。

2015年8月にも、横浜支局で同様の出来事があり、収容中のイスラム教徒に豚肉の入ったサラダが誤って提供されました。

横浜支局の関係者は謝罪し、それを入管側のミスだとしていました。

この種の事件の再発を受け、外国人の権利擁護団体が最近入管を訪れ、今後の再発防止を呼びかけました。

この団体の代表はこれについて、「入管は、食事を提供する際、宗教的な問題などに留意する必要があり今後の再発防止を求める」と語りました。

入国管理局も、食事前の確認を徹底し、再発防止に努めたいとしています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24611507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-08-23 00:06 | 思想・哲学 | Trackback