エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

トルコ・エルドアン、シリアに地上軍、イスラム国主要打撃へ本腰?

エルドアンは、「クルド人主要打撃」から、一応、イスラム国壊滅に力点をシフトしたということでしょうか。背景には、トルコがクーデター未遂事件以降、「ロシア・イラン寄り」になったということもあるでしょう。アメリカも、クルド人に対してトルコと衝突しないよう、勧告をしている。アメリカもトルコがロシア寄りになってしまい、焦っている様子もうかがえます。ただし、クルド人も、対フセインでアメリカに使い捨てられてきた歴史があります。
いずれにせよ、大きな責任はアメリカ、それもブッシュ政権にあるといわざるを得ないのが中東の惨状です。


トルコ軍、シリアに地上侵攻 対イスラム国で大規模軍事作戦
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20160825/Reuters_newsml_KCN11005X.html
[カルカムシュ/アンカラ 24日 ロイター] - トルコ軍は24日、シリアの反体制派武装組織の戦闘員と連携し、過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあるシリア北部ジャラブルスの制圧作戦を開始した。トルコ軍は空爆や越境砲撃に加え、シリア領内に戦車を侵攻させた。
少なくとも9台のトルコ軍の戦車が列を成して国境を越え、その後激しい砲撃と共にジャラブルスの町から黒煙が上がる様子が確認された。作戦はジャラブルスや近郊の村からISを駆逐することを目的としている。





トルコのエルドアン大統領は、同国を訪問中のバイデン米副大統領と会談した後、共同記者会見で、作戦の標的はISおよび少数民族クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)だと述べ、「ISであろうとYPGであろうと、みなテロリストだ」と強調した。
クルド人による分離独立問題を抱えるトルコは、IS掃討で米国に協力する一方、クルド人武装勢力の排除を目指している。しかし、米国はISに対する地上作戦でクルド人勢力を支援している。
バイデン米副大統領はこれより先、ユルドゥルム首相と会談した後の記者会見で、米国政府がクルド人勢力に対し、ユーフラテス川の東側地域に戻るよう求めたことを明らかにし、「それを守らなければ米国の支援は得られない」と言明した。
今回のシリアへの侵攻は、7月15日にトルコ軍の一部が主導し失敗に終わったクーデター以降、初めての大規模な軍事作戦となる。
今月20日、トルコ南東部の都市ガジアンテプの結婚式会場でISとのつながりが疑われる少年による自爆攻撃で54人が死亡したことを受け、トルコ政府は国境地帯からISを「完全に排除する」と宣言していた。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24616471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-08-25 15:26 | 国際情勢 | Trackback