エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

配偶者控除見直し検討 自民税調会長が表明

配偶者控除見直し検討 自民税調会長が表明
共働きも適用


これは、時代の流れとして当然でしょう。「ライフスタイルに中立的な税制」ということです。

これは、民主党政権時代に既に検討されていました。
しかし、民主党政権の場合は、「控除から手当」で、抜本的に「高所得者有利な控除」を低所得者に有利な「手当」、具体的には
子ども手当などにしていく、あるいは、現物給付を充実させることに力点を置いていました。
ただし、この時代には日本共産党が、配偶者控除廃止は増税だ、などとして反対した一幕もありました。
菅直人総理が消費税増税をぶち上げてしまい、民主党政権の求心力が低下し、この改革もできなくなってしまった。
いま、自民党政権に変わり、皮肉にも実現することになりますが、時既に遅しの感も否めません。
そして、気をつけなければいけないのは自民党政権下での配偶者控除廃止は「ただの増税」になりかねないことです。
配偶者控除廃止そのものにアプリオリに反対するのはナンセンスですが、口実をつけて増税する自民党は論外です。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24625760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-08-30 06:34 | 経済・財政・金融 | Trackback