エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

9.11テロ黒幕・サウジを必死で庇うオバマ政権 議会に圧力

サウジアラビアが9.11テロの黒幕であったことはすでに機密解除でほぼ事実とされています。ブッシュ前大統領が一生懸命それをもみ消そうとした。それに対して、アメリカ議会は、上院で全会一致、下院でも圧倒的多数でサウジへの損害賠償請求訴訟をできるようにする法案を可決しました。こともあろうに、それをオバマさんがぶっつぶそうとしています。さらに、引き続きサウジに武器を売りまくろうとしています。

いくら広島に来てくれたとオバマさんでも、これは許せません。


アメリカ政府が議会に圧力行使

http://parstoday.com/ja/news/world-i17065






アメリカのホワイトハウスが、「2001年の同時多発テロの犠牲者の遺族がサウジアラビアに対して訴訟を起こすことのできる法案を取り消すため、議会に圧力を行使するつもりだ」と発表しました。

ロイター通信によりますと、アメリカのアーネスト・ホワイトハウス報道官は、ニューヨークで行われた記者会見で、オバマ政権はこの法案に拒否権を行使すると強調し、「議員に圧力をかけることで、この法案の承認を阻止できる」と語りました。

アーネスト報道官はまた、ホワイトハウス関係者やそのほかの国家安全保障関係のアメリカの政府高官は議員と協議を行い、この法案の差し止めを求めた、としました。

アメリカの議員は、オバマ大統領の拒否権を無効化する条件は揃っており、簡単に両院で3分の2の賛成を獲得して、この拒否権を無効化し、この法案を可決することができると述べています。

上院はこの法案をオバマ大統領に送付しており、オバマ大統領は10日以内にこの法案の認否を決めることになります。

アーネスト報道官はまた、「この法案は世界中のアメリカの外交官や政府関係者、企業を法廷に召喚することができる、それは、この法案により彼らの訴追の免除は無効化されるからだ」と語りました。

9.11同時多発テロの被害者の遺族や活動家は、オバマ大統領の拒否権行使の決定に抗議する中で、ホワイトハウス前で抗議集会を行っています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24676628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-23 20:16 | 国際情勢 | Trackback