エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2001年頃のブッシュを真似しているだけのシリア外相

シリアの停戦の枠組みは崩壊寸前と伝えられています。

シリア外相は「テロリストを叩く」ということで、アレッポでのシリア軍による攻勢を正当化しています。

しかし、これって、もともとは、アメリカ大統領・ジョージ・ブッシュ被疑者が、2001年の9.11テロ後に言っていたのと同じことではないでしょうか?
相手をテロと決めつければ何をしてもいい。
そんな風潮を広めたブッシュ被疑者の罪もまた、重い。

(今回のことについては、アメリカ軍が先にシリア軍兵士を誤爆していることも問題です)。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24679282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-25 06:32 | 国際情勢 | Trackback