エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

やっぱり!石原慎太郎さんが植松被疑者に理解を示していた!

石原慎太郎さんが、やっぱりというべきか、植松聖被疑者に理解を示す発言をしておられました。

http://lite-ra.com/2016/09/post-2583.html

石原は、神奈川県相模原市の障がい者施設「やまゆり園」で起きた殺傷事件について、いきなりこんなことを語るのだ。
「この間の、障害者を十九人殺した相模原の事件。あれは僕、ある意味で分かるんですよ」

石原慎太郎さんのような人間を、4期13年以上にわたり知事をやらせてきた東京都民。
植松聖被疑者は残念ながら現代日本においては「極端な考え」でもなければ、精神障がいでもない(人格障害の可能性はありますが)。
突き詰めれば、「国家(大手企業)に役に立たない人間は生きる価値がない。」という価値観。
麻生太郎さん、曽野綾子さん、長谷川豊さんらが根強くお持ちの価値観です。
植松被疑者こそ、日本人の実像ではないか?



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24681671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-26 10:32 | 相模原大虐殺 | Trackback