エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

植松被疑者の「師匠」曽野綾子さん、夫の認知症で「転向」?

「高齢者を始末すべき」というお考えを反映させた小説を書いておられた曽野綾子さん。

相模原大虐殺の植松聖被疑者の「師匠」と言うべき存在でしょう。

石原慎太郎さん、曽野綾子さんらの「役に立たない奴は死ね」的な思想を植松被疑者はまともに実行してしまっただけです。

その曽野さん。夫の三浦朱門さん(元文化庁長官)が認知症の症状を呈した今、お考えを変えられたそうです。

小説家としてはあまりにも想像力が足りなかったのではないか?

それとも、ウケる中身の文章を売っていただけなのか?

今まで、大物文化人として大物政治家の石原慎太郎さん、麻生太郎さん、片山さつきさんらとともに「植松」的な思想を流してきた人間として責任を取って頂きたいものです。


それでも反省の色さえ見えない石原慎太郎さんよりは、(自分自身に介護問題が降りかかってからとはいえ、)反省した曽野綾子さんは「よりまし」かもしれないですけどね。


http://lite-ra.com/i/2016/09/post-2585-entry.html

 曽野の独占手記を読むと、自宅にケアマネージャーが訪れるなどしていることが窺えるが、そのように夫の介護を決意したいま、曽野は以前に発表した“ある小説”について、こう振り返るのだ。

〈この危険で破壊的な小説の内容は、当時あくまで空想上のことであった。むしろ現在だったら、私はこの作品を書けなかっただろう〉

 その小説とは、曽野が「小説新潮」(新潮社)2014年1月号に発表した「二〇五〇年」という短編のこと。「いまなら書けない」というこの小説、じつは高齢者の自己責任を煎じ詰めた内容なのだ。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24682317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-26 16:46 | 相模原大虐殺 | Trackback