エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

南相馬20ミリシーベルト撤回訴訟/高江・除染土問題の政府交渉

1.9月28日は東京地裁へ! 南相馬20ミリシーベルト撤回訴訟を応援しよう!
2.高江における米軍ヘリパッド建設をめぐる防衛省・警察庁交渉(9/29)
3.集会と政府交渉:「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を Part III (10/3)

1.9月28日(水)は東京地裁へ! 南相馬20ミリシーベルト撤回訴訟を応援しよう!
http://minamisouma.blogspot.jp/2016/09/2820.html
2016年9月28日当日のスケジュール
経産省前抗議アピール 12:30~ 場所:経済産業省本館前
東京地裁前応援アピール 13:00~ 場所:東京地方裁判所前
第2回口頭弁論 14:00~ 場所:東京地方裁判所103号法廷
※傍聴券が必要となりますので、配布締め切りの13:30までにお並びください。
 なお、希望者多数の場合抽選となることがあります。
報告集会 15:20頃~ (開始時間は、前後することがあります)
      場所:参議院議員会館 B103

2.高江における米軍ヘリパッド建設をめぐる防衛省・警察庁交渉(9/29)
http://www.foejapan.org/aid/takae/160929.html
沖縄平和市民連絡会の北上田毅さん、弁護士の小口幸人さんをゲストに迎え、政府交渉を行います。
国家による、自然破壊、人権侵害、違法行為を問うていきましょう。

□日時:2016年9月29日(木) 12:00 ~ 15:00
  ※11:30からロビーにて通行証を配布します。
  集会  12:00 ~ 防衛省・警察庁交渉 13:00 ~ (調整中)
□場所:参議院議員会館 B107 (東京メトロ・永田町駅1番出口すぐ、国会議事堂駅徒歩5分)
□資料代:500円
□主催:国際環境 NGO FoE Japan (エフ・オー・イー・ジャパン)
美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会
□問い合わせ:FoE Japan  Tel:03-6909-5983 /090-6142-1807(満田)

3.【集会と政府交渉】「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を Part III (10/3)
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_161003.html
□日時:2016年10月3日(月)13:30~16:30 開場13:10 ※13:10から、ロビーにて通行証を配布いたします。
□会場:参議院議員会館B104 (定員70名)
東京メトロ・永田町駅 1番出口でてすぐ 国会議事堂前駅 1番出口徒歩5分
□内容
1)集会 13:30~14:50
 ・除染土再利用問題の概要:満田夏花(FoE Japan)
 ・南相馬における実証実験報告:まさのあつこさん(ジャーナリスト)
 ・放射性廃棄物をめぐる問題:藤原寿和さん(千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会事務局長)
2)政府交渉(相手方:環境省、調整中)
※冒頭、撤回署名提出を行います。
 ・除染土再利用方針について
 ・法令上の位置づけについて
 ・南相馬市・小高区における実証実験について
 ・環境基本法にもとづく放射性物質の規制について
□資料代 500円 (学生・サポーターは無料)
□主催 FoE Japan
□申込み 不要
□問合せ FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
Tel:03-6909-5983, Fax:03-6909-5986, Email : info@foejapan.org

【ご支援のお願い】
FoE Japan原発チームでは、脱原発や、福島原発事故の被害者支援の活動を継続して行うため、カンパを募集しています。
郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
※必ず、通信欄に、「脱原発」とご明記の上、ご住所、ご連絡先、ご氏名をお忘れなくご記入ください。(領収書や活動報告をお送りいたします)
銀行から、またはオンライン寄付は以下から。
http://www.foejapan.org/join/donation.html

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24683476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-27 06:19 | エネルギー政策 | Trackback