エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

緑の党・ジル・スタインがトランプ・クリントン双方の中東政策を批判

緑の党のジル・スタインがトランプ・クリントン双方の中東政策を批判しました。


アメリカの緑の党が、大統領選挙の候補を批判

アメリカ大統領選挙の緑の党の候補、ジル・スタイン氏が、共和党・民主党の両候補の外交政策の立場を批判しました。

ファールス通信によりますと、スタイン候補は27日火曜、トランプ、クリントン両候補の討論会のあと、この二人の立場を非難し、「中東へのアメリカの軍事的介入は状況を悪化させる」と述べました。

スタイン候補は続けて、「アメリカは中東や世界の武器の主な供給者だ」しました。

また、「このアメリカの馬鹿げた外交政策から利益を得るのは、武器製造企業だけだ」としました。

さらに、「サウジアラビアがテロリストの重要な資金源である中、アメリカ政府は常に彼らを支持している」と述べました。

スタイン候補は、「アメリカがイスラエルを支持している中、この政権は核兵器を保有し、中東の情勢不安の要因になっている」と強調しました。

クリントン氏とトランプ氏の初の討論会は、26日、ニューヨーク州で開かれました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24687071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-28 21:49 | 国際情勢 | Trackback