エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

人口減少のメリットを生かすことができないのは中央の一極集中促進的な政策と地方政治の古臭さ双方が原因だ

人口激減といわれていますが、メリットもたくさんあります。

人口激減のメリットとしては、

1,電力需要も減る→原発も要らなくなる
2,一人当たり使える土地の面積が増える(=不動産コストの低下)
などいくらでもあります。

日本の問題はそれを生かせないことです。


その背景には

1、東京などへの一極集中促進的な国の政策。

 交通政策における地方切り捨て。地方交付税のカット(小泉政権)など

2、他方で、地方政治の古臭く、非民主的な在りかた(村社会)

  →その結果、人々がいやがって都会へ出てしまう

があります。


こうしたことを背景に、日本全体で人口が減ることのメリットがいかせないのではないかと思います。


中央省庁の官僚及び(東京選出の)政治家と、地方の政治家双方が反省し、改めるべき点があると思います。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24688918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-29 21:00 | 環境・街づくり | Trackback