エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イランとフランスの共同生産自動車、今冬市場に

2015年の自動車生産台数は、イランは982337台、フランスは1970000台です。

フランスの約半分の規模を誇っています。各国の自動車産業がイランの自動車産業と連携したい訳がわかります。


イランとフランスの共同生産による自動車が今年の冬、市場に

http://parstoday.com/ja/news/iran-i17560

イランのネエマトザーデ商・鉱工業大臣が、今年の冬、イランとフランスの共同生産による最初の自動車が市場に提供されることを明らかにしました。

IRIB通信によりますと、ネエマトザーデ大臣は29日木曜、フランスのパリで、フランスの大手自動車グループPSA(旧プジョーシトロエングループ)の幹部と会談し、「イランは核合意の後、世界の数々の自動車製造業者との協議に入った。その最初の契約が、PSAとの50%ずつの共同投資だ」と述べました。

さらに、「作業は開始され、フランスとイランが50%ずつ出資する合弁会社が設立された」としました。

また、「生産ラインは準備中であり、今年の冬にイランとフランスが共同で製造した自動車が市場に提供されることが期待される」としました。

29日に開幕した2016年パリモーターショーの傍らで、イランのネエマトザーデ大臣とその使節団は、外国企業との協議を開始しました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24691013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-30 22:04 | 経済・財政・金融 | Trackback