エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

越智竜也教諭が職場復帰求め、広島山陽学園を提訴

越智先生は、本社社主も所属する県労連(広島県労働組合総連合)が支援しています。

以下、つくだ守生さんの報道です。

 広島市西区の山陽高校を雇い止めされた越智竜也教諭(35)=西区=は12日、同校を運営する広島山陽学園に職場復帰を求めて広島地裁へ提訴しました。越智教諭や支援者ら37人が「越智先生を職場にもどせ!」と書いた横断幕やのぼり旗を掲げて広島地裁を訪れました。
 訴状によると、高知県の高校野球名門校の明徳義塾で正規採用だった越智教諭は2011年4月、山陽高校に1年契約の常勤講師としてスカウトされ、野球部の指導力を発揮。4年目から正規採用される約束でしたが、山陽学園は15年3月末、「任期期間満了による退職理由証明書」を出して解雇を強行しました。
 越智教諭は、労働契約が締結から3年経過していることから、労働契約法19条1号が規定する期間の定めのない労働契約に転化しているとして、職場復帰と11年4月以降の給与の支払いを求めています。
 越智教諭を支援する広島県労連、広島私学教職員組合協議会(広私協)、山陽学園教職員組合、「越智先生を職場に戻し、民主的な山陽高校をつくる会」は提訴後、記者会見をかねた報告集会を開き、約50人が参加しました。
 越智教諭は「全力でたたかっていきたい」と決意表明。代理人の池上忍弁護士は「山陽高校が越智先生を排除する本当の理由は何なのか、裁判に証人を呼んで真相、全体像を明らかにしたい」と述べました。

〔写真〕広島地裁へ提訴に向かう越智教諭(先頭中央)ら=12日、広島市

e0094315_22135664.jpg


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24717728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-13 22:14 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback