エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

現時点で本紙が「脱経済成長」と距離を置くわけ・・庶民にしわ寄せが行くだけだ

現時点では、本紙は「脱経済成長」とは距離を置いています。
理由は以下です。
現時点で脱経済成長を主張しても「痛みを伴う改革を」という経団連会長や「人工透析患者殺せ」の長谷川豊さんらとオーバーラップしてしまうからです。
経済成長しないなら、貧困も人工透析患者殺害もやむを得ない。
そんな方向に、世論を後押ししかねない。
経済成長が格差を拡大した、と脱経済成長論者は言うが、この二十年の日本は、ほとんど経済成長をしないでなおかつ貧困が広がっています。
さらにOECDでさえ、格差是正と経済成長は両立するという。
経済成長を自己目的にして環境破壊しまくりなどは論外です。
だが、経済成長を親の敵のように見るのは、結局は経団連会長や長谷川豊さんらと同じ結果を庶民に強いるでしょう。
今の日本では、
1、エネルギー革命=中央集権的エネルギーから分散型エネルギーへの転換によるコスト削減と内需拡大
2、古いインフラの更新
3、格差是正=セーフティーネット充実による庶民の可処分所得増大
などで、まだまだ伸びしろはあります。
公共交通の充実など、高齢社会への対応も内需拡大です。
脱経済成長は、こうした可能性から目をそらさせ、庶民に痛みを押し付ける経団連会長や、人工透析患者殺せの長谷川豊さん、相模原大虐殺の植松被疑者と同じ結果を招きかねない。
さらに、生活が苦しい庶民も、上記を薄々と感じているから、脱経済成長を主張しても、支持されないのではないか?
結局、野党が総理に勝てない。総理に勝てないから、総理に独裁を許す。そんな結果になっている。
総理に独裁を許したいなら、現時点での脱経済成長に意味はあるが、民主主義や人権を守りたいなら脱経済成長に現時点で与するわけには行きません。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24718239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-14 07:24 | 反緊縮・格差是正 | Trackback