エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

そもそも憲法第7条のみに基づく衆議院解散は違憲だろう

そもそも憲法7条のみに基づく解散は違憲だろう

そもそも、議院内閣制において、憲法69条の規定に基づき、内閣不信任案可決の際に内閣が信を問うというのが、任期途中での解散の趣旨でしょう。
(内閣不信任案に準ずるケースなら予算案の否決も考えられるでしょう。)

いずれにせよ、総理大臣が勝手に「俺が解散したいときにする」という現行のあり方は憲法の趣旨に違反していると思います。
憲法7条は、あくまで「天皇の国事行為」は「内閣の助言と承認が必要」ということを規定しているだけです。

最高裁では判例があります(苫米地事件)。「国民の判断にゆだねる」としています。

きちんと、国民が「好き勝手な解散は違憲である」という声を上げるべきです。

ちなみに、イギリスでは、任期途中の解散は法律で制限してしまっています。

ドイツなどでは、任期途中の解散はあり得るが、その場合は、内閣信任案を出させて、否決させるという形式は踏んでいます。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24723024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-16 16:16 | 憲法 | Trackback