エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

備忘録 「平成版満州事変」としてのイラク派兵

もはや「戦後」でも「戦前」でもなく「戦中」であることは明白

平成の「満州某重大事件(張作霖爆殺)、1928年」=911テロ(2001年)

平成の満州事変(1931年)=イラク戦争、そして日本のイラク派兵(2003年)

平成の三陸大津波(1933年)=東日本大震災(2011年)

平成の2.26事件(1936年)=大阪ダブル選挙(2011年)

平成の東條英機(統制派)=安倍晋三(自民党右派)

平成の青年将校=橋下徹

平成の社会大衆党(既成政党攻撃で軍国主義者をアシストした左翼)=2011年から2013年頃、既成政党批判至上主義に走ってしまった一部市民派→我々「市民派」は、既成政党批判至上主義という「平成の皇道派」になっていなかったか?

平成の軍機法(1941年)=特定秘密保護法(2013年)

平成の太平洋戦争開戦(1941年)=安倍晋三の対イスラム国宣戦布告(2015年)

平成のドゥーリットル空襲(1942年)=ダッカ日本人殺害事件(2016年)

平成の翼賛選挙(1942年)=2014衆院選、2016参院選→74年ぶりの戦時下国政選挙・・・ドーリットル空襲からダッカ・テロへ

平成のガタルカナルの戦い?=南スーダン?

平成の満州事変=イラク戦争は、アメリカがテロの濡れ衣をイラクに着せた所から始まった。
そして、その延長線上に日本の海外派兵も行われているし、安保法もある。

そうである以上、きちんとイラク戦争および、テロの真相を隠したブッシュ被疑者らの責任追及が必要である。

昭和時代、満州事変は完全に大日本帝国憲法にも、軍法にも違反する行為だったのに、放置したことが大日本帝国の滅亡を招いた遠因だったことを総括すべきなのと同じ。

戦時中でも翼賛体制に与しない議員はそれなりにいました。現代ではなおさらです。諦めない。
これが大事です。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24729028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-18 21:00 | 9.11テロとイラク戦争 | Trackback