エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍さんなら絶対言えない!?ドイツ首相、「賄賂を受け取らずにサウジアラビアを支援する国はない」

ドイツを過剰に持ち上げるつもりはありません。

しかし、さすがに、メルケル首相は言いましたね!アメリカに遠慮せずに発言をしました。

安倍首相では口が裂けてもこんなことも言えないでしょう。

ドイツ首相、「賄賂を受け取らずにサウジアラビアを支援する国はない」

http://parstoday.com/ja/news/world-i18880

ドイツのメルケル首相が、「世界には、賄賂を受け取らずにサウジアラビアを支援する国は存在しない」と語りました。

ドイツのメディアは、メルケル首相の話として、「サウジアラビアを支援する国は、引き換えに賄賂を受け取っている」と伝えました。

メルケル首相は、「サウジアラビアに武器を売却する国は、サウジの政府関係者から賄賂を受け取るだろう」と強調しました。

また、「サウジアラビアの賄賂は、初めて、アメリカ議会でのテロ支援者制裁法(JASTA)の可決を阻止することができなかった」としました。

アメリカ下院議会は、9月、賛成348、反対77で、テロ支援者制裁法案を可決しました。

この法は、2001年の9.11アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者の遺族に、サウジアラビア政府を訴追する可能性を与えるものです。

国際人権団体ヒューマンライツウォッチの関係者は、ツイッターで、「サウジアラビア副皇太子は、自分のことを賞賛する記事を書く外国人のジャーナリストに対し、数十万ドルを支払っている」と発言しました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24732607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-19 22:06 | 国際情勢 | Trackback