エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イランがアメリカの選挙結果に反応

イランがアメリカの選挙結果に反応しました。中東へのアメリカの干渉がムスリムを逆撫でし、過激派を刺激するということになったと指摘しました。



アメリカ大統領選挙の結果が発表された後、イラン外務省のガーセミー報道官は、地域諸国へのアメリカの干渉が、地域のイスラム教徒の感情を逆なでし、過激派や暴力を拡大する要因となっているとしました。

ガーセミー報道官は、アメリカ大統領選挙の結果発表を受け、「イランの人々は、過去数十年のアメリカの政治家による政策やアプローチに対して苦い経験を持っている」と語りました。

また、「イラン国民にとって重要なのは、アメリカの今後の政府が実施する政策やアプローチであり、選挙戦での発言や立場よりも、その方が重要である」としました。

さらに、「戦略的な、ペルシャ湾、アデン湾、紅海といった中東地域の現在の情勢不安は、暴力や過激派の拡散、ISISのようなテログループの危険で逸脱した思想の拡大によるものだ。イランはこれらに対する抵抗の第一線にいるが、どれも、アメリカの地域政策が真剣な見直しを必要としていることを示している」と語りました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24878827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-09 21:32 | 国際情勢 | Trackback