エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

NZ大震災、被害拡大

心からお見舞い申し上げます。NZもプレート境界に当たり、日本同様大地震が多く発生します。


ニュージーランドで日本時間の13日夜、マグニチュード7.8の地震があり、これまでに2人の死亡が確認され、ニュージーランドの防災当局では被害の確認を急いでいます。

ニュージーランドで、14日午前0時すぎ(日本時間13日午後8時すぎ)、マグニチュード7.8の地震がありました。震源地はニュージーランドの南島にあるクライストチャーチから北北東におよそ93キロで、震源の深さはおよそ23キロと推定されます。

この地震を受けて、ニュージーランドのキー首相が日本時間の14日午前3時前から記者会見を行い、これまでに2人の死亡が確認されたことを明らかにしました。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、今回の地震で、震源地からおよそ60キロの場所にある町、カイコウラの海岸で、日本時間の13日午後9時前、最大およそ1メートル50センチの津波を観測しました。

キー首相によりますと、カイコウラでは電話がつながりにくい状態だということで、状況を確認するため、軍のヘリコプターを現地に向かわせたということです。現地のテレビ局が伝えた、上空からカイコウラを撮影した映像では、複数の建物が倒壊しているほか、海沿いで崖崩れが相次ぎ、土砂が覆いかぶさって、道路が通れなくなっている様子がわかります。このほか、各地で建物や道路に被害が出ているということで、防災当局では被害の確認を急いでいます。

現地では、最初の地震のあともマグニチュード6前後の地震が相次いで観測されており、防災当局は、ニュージーランドの東部などでは海岸に近づかないよう呼びかけています。

外務省が現地の大使館から得た情報によりますと、日本時間の14日午前4時現在、日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

「揺れは2~3分続いた」

震源地から90キロ余り離れたクライストチャーチに住む男性は、「揺れは2分から3分ほど続き、何かにつかまらないといけないほど大きく、怖かったです。これまでに経験したことがない揺れの長さと大きさでした」と話していました。

また、震源から200キロ余り北に離れた首都ウェリントンに住む女性は、ツイッターに地震直後の自宅の様子を映した動画を投稿しました。女性の自宅は建物の8階にあるということで、動画には台所用品や本などが落ちて床に散乱している様子が映し出されています。

ウェリントンに住む男性がツイッターに投稿した写真には、中心部の通りに面した店舗のガラスが破損している状況や、多くの人が屋外の駐車場に避難している様子が映し出されています。
ウェリントンの住宅内の様子として、別の男性がインターネット上に投稿した動画には、部屋の中で観葉植物が激しく左右に揺れる様子や、物が落下して割れる音などが記録されています。

ウェリントンのスーパーで撮影された映像では、商品が棚から落ちて床に散乱したり、天井のパネルが剥がれ落ちたりしている様子が映し出されています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24914012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-14 06:25 | 事故・災害・事件 | Trackback