エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

立川の病院敷地内死亡事故、被疑者は夫の看病で睡眠不足か?

なんとも、痛ましい事故です。
夫の看病で睡眠不足の高齢女性が、若い人をはねて死なせてしまうとは?!
もちろん、被害者側からすれば理由は何であれ、たまったものではありません。
他方で、家族による看護・介護を巡る状況を改善しなければ、こういう事故はこれからもっと頻発するのではないか?
高齢者に対する自家用車以外の移動手段の確保も含め、考えなければなりませんね。

 東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センター敷地内で2人がはねられ死亡した事故で、車を運転していた上江州幸子さん(83)が夫の看病で睡眠不足の状態だった可能性のあることが14日、警視庁への取材で分かった。同庁立川署は、上江州さんの回復を待って事情を聴き、当日の健康状態や駐車場内でどのように運転したのか調べを進める。
 捜査関係者によると、上江州さんは入院中の夫を見舞った帰りだった。周囲に対し、看病のため睡眠不足の状態だったと話していたという。
 上江州さんは事故の状況について、「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と説明していた。しかし、現場にブレーキ痕はなく、車に目立った不具合は見つかっていない。警視庁は上江州さんがブレーキとアクセルを踏み間違えたとみている。 【時事通信社】

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24924914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-14 21:10 | 事故・災害・事件 | Trackback