エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

駆けつけ警護閣議決定の日、広島・本通り電停前でも抗議

以下、つくだ守生さんによる報道です。


戦争法運用の第一歩となる「駆け付け警護」の付与などを盛り込んだ閣議決定が強行された15日、広島市中区の本通電停前には「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」の呼びかけで36人が集まり、「南スーダンの自衛隊は即時撤退せよ」「新たな派兵はするな」と訴えました。
 「戦争法NO」ののぼりがはためく中、「戦争法発動反対」などの横断幕を前にして被爆者や元高校教師、子連れのママさん、弁護士などがリレートーク。「内戦状態の南スーダンはPKO参加5原則さえ崩れており、今常駐している自衛隊は即時撤退するしかない」「危険な南スーダンに新たな任務を持った自衛隊が派兵されれば、必ず犠牲者が出る」「憲法9条を踏みにじる海外派兵を広島の私たちは絶対に許さない」と訴えました。
 「派兵反対」「即時撤退」の街頭署名も取り組まれ、立ち止まって訴えに耳を傾け、拍手する若者の姿もありました。

〔写真〕宣伝する実行委員会の人たち=15日、広島市中区


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24938816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-17 20:47 | 安保法案 | Trackback