エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ドゥテルテ大統領、依然舌鋒好調「西側は世界各地で戦火を煽っている」

ドゥテルテ大統領は依然、舌鋒は絶好調ですね。

フィリピンのドゥテルテ大統領が、ロシアのプーチン大統領と会談し、「西側諸国は、世界各地で戦火を煽っており、イラクはこうした図々しい行動の犠牲国の1つに過ぎない」と語りました。

イルナー通信によりますと、ドゥテルテ大統領は、ペルーの首都リマで行われているAPECアジア太平洋経済協力首脳会議の傍ら、プーチン大統領と会談し、「現代において、西側諸国は自らの利益を確保するためだけに、ずうずうしくも他国に対し戦争を起こしている」と述べています。

また、ベトナムやアフガニスタン、イラクに対するアメリカの戦争に触れ、「フィリピン政府はアメリカの圧力をものともせずに、国益を保持するための政策を続行する」と強調しました。

一方、プーチン大統領もロシアとフィリピンの国交樹立から40年が経過していることに触れ、「これまでに、我々は両国間の信頼の強化や協力の全面的な拡大のために多くの活動を行ってきているが、この流れは今後も継続される」としています。

ロシア大統領府報道局の報告によりますと、この会談で両者は様々な分野での二国間協力や地域・国際問題について協議したということです。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24954632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-21 20:48 | 国際情勢 | Trackback