エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

原発事故「新しい形の戦争」=ノーベル賞作家アレクシエービッチさんが東大で対話

日本は実に、いま、戦時中なのです。すでに戦争は始まってしまっているのです。
わたしもその感覚を持っていましたが、チェルノブイリの事故で被害が大きかった国の
方もその感覚をお持ちなのですね。

 昨年のノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏が25日、東京都文京区の東京大を訪れ、作家の小野正嗣氏を聞き手に公開対話に臨んだ。
 「チェルノブイリの祈り」などの著作で知られるアレクシエービッチ氏は、東京電力福島第1原発事故に触れ、「原発事故は新しい形の戦争」と表現。「私たち自身が思考を変えない限り、原発は今後も存在し続ける」と脱原発に向けた行動を訴えた。(2016/11/25-15:54)
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/24973444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-11-26 20:44 | 反核・平和 | Trackback