エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「財政出動ならカジノではなく庶民の可処分所得を上げ不安解消を」/「格差是正」と、「武力によらない問題解決」が2017年の世界の課題


e0094315_22380887.jpg

さとうしゅういちは、12月も広島市内各地で街頭演説を行っています。



自民党と維新が衆院で強行可決したカジノ法案については
「カジノを導入した外国でも、地域活性化につながっていない。関連するインフラ整備で自治体財政が圧迫され、教育や福祉がカットされかねない」
と指摘。
さらに、
「広島県政でも、地方創生の名の下に、ただでさえ余っている工業団地を新たに造成する動きがある。県知事に責任があるが、こうした無駄なことに補助金を出す安倍さんは大問題だ。」
と県政への安倍政治の悪影響に注意を呼びかけました。
その上で、
「安倍さんは、外国へ行くたびにお金をばらまいている。日本政府は借金もあるが金融資産もたくさん持っている。お金がないわけではない。」
と分析。
「問題はお金の使い方だ。カジノや工業団地などに浪費したり、外国の首脳に原発や武器を買ってもらうためにばらまいたりするのではなく、庶民の可処分所得を上げる、庶民の不安をなくすことにお金を使うべきだ。介護や教育、被災者支援にお金を使うべきだ。」
「2015年度の介護報酬のカットや負担増、(2018年度へ向けて)検討中の要介護1,2の切り捨てなど安倍さんが介護でやっていること、やろうとしていることはやるべきこととアベコベだ。」
などと訴えました。
そして
「今年は、大金持ちや大手企業が富を独占することへの不満が爆発した。トランプさんには多々問題はあるが、彼の当選もその表れだ。」
と指摘。
「パナマ文書では、大手企業や財務官僚も含むエリートが違法ではないがセコい方法で財産を外国に飛ばしていたことが暴露された。公正な税金を大手企業や大金持ちにも納めていただくことが必要だ。」
と力を込めました。
さらに、
「イラク戦争で、戦争ではテロがなくせないことが明らかになった。それなのに、安保法で海外派兵を続けて良いのか?そのことが問われる。」
と問題提起。
「格差是正」と、「武力によらない問題解決」が2017年の世界と日本の課題になると訴えました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25022954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-07 22:40 | 広島市政(広島市議会) | Trackback