エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

フェーン現象の中、新潟県糸魚川で大火事

本日は日本海に低気圧が進み、全国的に南よりの強風です。
そうした中で、フェーン現象となっている日本海側の新潟県糸魚川で大火事です。
糸魚川の最高気温は真冬にさしかかっているにもかかわらず、20℃に達しました。


不幸中の幸い、大きなケガをされた方は今のところいません。

だが、食堂から出た火が数十棟からさらに140棟(夕方現在)に燃え広がっています。
お見舞い申し上げますとともに、被害が少なくてすむことを願います。








22日午前、新潟県糸魚川市の中心部で火事があり、出火から6時間余りたった今も火の勢いは衰えず、これまでに住宅や店舗などおよそ140棟に延焼し、女性2人がけがをしています。付近では今も風が吹いていて、市は270世帯余りに避難勧告を出すとともに、消防は近隣の消防本部に応援を要請し、消火活動を続けています。
22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市の中心部にある中国料理店から火が出て、周辺に建ち並ぶ住宅や店舗など北側を中心に燃え広がりました。
消防車など10台余りが出て消火活動が続けられていますが、現地の消防本部によりますと、これまでに合わせておよそ140棟に延焼し、火や煙は300メートルほど離れた日本海側まで達しているということです。
出火からおよそ6時間余りたった今も火の勢いは衰えておらず、糸魚川消防本部は、新潟市や富山県の消防本部にも応援を要請し、消火活動を続けています。
警察によりますと、この火事で40代の女性1人が煙を吸って軽いけがをしたほか、40代の女性1人が逃げる際に転倒して頭に軽いけがをしました。
糸魚川市は正午すぎ、付近の大町2丁目と本町の合わせて273世帯の586人に避難勧告を出し、安全の確保を進めています。
気象台によりますと、糸魚川市では、正午すぎに24.2メートルの最大瞬間風速が観測され、午後4時の時点でも9.7メートルの風が吹いているということです。

過去の大火(大震災に伴うものを除く)
飯田大火 1947年4月20日 48ヘクタール焼失 死者・不明3名
鳥取大火 1952年4月17日 160ヘクタール焼失 死者3名
岩内大火 1954年9月26日 3298棟焼失 死者35名行方不明3名 ※洞爺丸台風による
新潟大火 1955年10月1日 78000坪焼失 235名負傷
魚津大火 1956年9月10日 死者5名170名負傷
福江大火 1962年9月26日 13.2ヘクタール焼失
呉市山林火災 1971年4月27日 死者18名(いずれも消防士)
酒田大火 1976年10月29日 22.5ヘクタール焼失 死者1名
糸魚川大火 2016年12月22日 

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25082742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2016-12-23 11:27
タイトル : 糸魚川大火、150棟延焼
フェーン現象の中、新潟県糸魚川で大火事 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161223/Tbs_news_77381.html?_ga=1.47631271.1202369926.1461237180 新潟県糸魚川市中心部で起きた大火は、23日朝までにほぼ消し止められましたが、これまでにおよそ150棟が被害を受けています。  22日午後9時前に火災鎮圧の発表があったものの、消火作業は夜通し続きました。これまでにおよそ150棟が延焼したとみ...... more
by hiroseto2004 | 2016-12-22 15:16 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)