エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島市役所職員自殺は過労 遺族が公務災害請求

広島市役所の入庁2年目の職員が自殺。
月100時間の残業をしていたとのことで、遺族がこのほど公務災害に認定するよう請求しました。

電通で新人社員の過労自殺が問題となりました。
そして、いまや、(かつては比較的楽、といわれた)正規公務員でも、このような現状が
広がっています。


広島市の20代の女性職員が昨年10月に自殺したのは過重労働が原因だったとして、遺族が公務災害の認定を申請したことが22日、分かった。

 市によると、女性は2014年の採用。区役所で保育所入所の業務を任され、15年から児童手当の支給業務を担当した。14年12月から仕事が増え、15年9月まで月100時間前後の時間外労働が続いた。同僚から厳しく指導されたこともあったが、自殺の原因となったかは確認できていないという。

 遺族は女性の死後、自殺の原因を知りたいと市側に求めた。市は遺族に勤務実態を説明し、全職場に時間外労働の縮減を呼びかける方針を決めた。広島市の松井一実市長は「申請を重く受け止めている。しかるべき措置をして遺族の要望に応えたい」と話している。【竹内麻子】


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25083391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-22 19:25 | 広島市政(広島市議会) | Trackback