エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国連安保理の南スーダン武器輸出禁止決議案否決――日本政府の妨害に抗議 武器輸出反対ネットワーク


[転送・転載歓迎/重複失礼]

1223日(日本時間24日)、国連安保理で南スーダンに対する武器禁輸を柱とする制裁決議案の採決が行われ、賛成少数で否決されました。日本政府は、信じ難いことに棄権しました。ジェノサイドを防ぐために重要な武器禁輸決議の採択を公然と妨害した責任は、極めて重いものがあります。

・南スーダン制裁決議採択されず=陸自派遣の日本棄権-米「歴史は厳しい判断」と 

批判(1224日、時事)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122400004&g=pol
・南スーダンへの武器禁輸決議案、安保理で否決 日本など棄権(1224日、日経)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE23H03_T21C16A2PE8000/?dg=1

私たち武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)は、本日1224日夕方、以下の緊急声明を、外務省、首相官邸、e-Govの外務省・防衛省・内閣官房・内閣府あてにメールで、また、岸田外相の国会事務所・広島事務所、安倍首相と稲田防衛相の国会事務所、防衛省あてにファックスでそれぞれ送付しました。ぜひご一読ください。

また、大至急、岸田外相と外務省に「南スーダン武器禁輸決議への妨害に抗議します」「自衛隊はただちに撤退を」の声を集中してください。短いものでも構いません。お知り合いにも広めてください。

<岸田外相>
国会事務所(FAX)03-3591-3118
メール f-kishida@kishida.gr.jp
広島後援会事務所
TEL)082-228-0159
FAX)082-223-7161
<外務省>
御意見フォーム https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
国連政策課 電話は平日に
(代表)03-3580-3311 から(内線)2917 国連政策課へ
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【緊急声明】


国連安保理の南スーダン武器輸出禁止決議案否決――日本政府の妨害に抗議

悪化の一途をたどる南スーダンの内戦について、国連安全保障理事会は1223日(日本時間24日)、武器禁輸を柱とするアメリカ提出決議案を、賛成少数で否決しました。安保理に議席をもつ日本は、この決議案に棄権しました。その理由は、(1)南スーダン政府が決議案に反対(2)日本が決議案に賛成すれば、両国の関係が悪化(3)その結果、南スーダンPKOに参加している自衛隊への危険性が増す――からだというのです。

武器禁輸に背を向けた、このような日本政府の対応は、根本的に間違っています。ジェノサイド=諸民族間の大虐殺に発展する恐れのある内戦激化を防ぐためには、南スーダン国内に出回っている武器・弾薬を最小限にすることが必要です。

南スーダンは、20117月に分離独立、国際社会の支援で新しい国づくりに取りかかったものの、2013年末から内戦状態となりました。20164月に和平合意が成立したのも束の間、7月には、首都ジュマで、キール大統領派とマシャル副大統領派の部隊が激突し、一般市民を含む多数の死傷者が出ました。首都駐留の国連PKO部隊も手が出せないほどの激戦でした。

以後、内戦は各地に拡大、副大統領派だけでなく、多くの反政府武装勢力が国内に割拠する混乱が続いています。内戦が収束する見通しはなく、8月以降、アメリカの国連代表は、南スーダンへの武器禁輸案を安全保障理事会に提示、国連の潘基文事務総長も「ジェノサイドを防止するため、早急な武器禁輸を」と呼びかけました。

今回提示されたアメリカによる決議案の要点は、(1)南スーダン政府と反政府派双方に対する1年間の武器禁輸(2)政府側と反政府側それぞれの幹部に対する、渡航禁止や資産凍結などの制裁――です。決議案は、賛成7-棄権8(日本、中国、ロシアなど)で否決されました。

現地の自衛隊PKO部隊が、いわば「人質に取られている」ことを理由に、武器禁輸そのものに反対したのは、本末転倒です。いったい何のための「平和維持活動」なのでしょう。本来なら、もっと早い時期に、日本政府こそが武器禁輸措置を実現する旗振り役を務めるべきでした。今回の事態によって、改めて、自衛隊派遣が南スーダンの人々の平和と安全のためではなく、自己満足に過ぎないことが明らかになりました。

わたしたちは、日本政府の間違った政策に強く抗議します。日本政府は方針を改め、南スーダンへの武器禁輸賛成を表明し、実現のための国際的な協力に加わるべきです。そして、ジェノサイド防止の障害にすらなっている、憲法違反の自衛隊派遣を中止し、全部隊をただちに撤退させることを求めます。

2016
1224

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT
メール anti.arms.export@gmail.com
東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302 311市民プラザ気付
FAX 03-5225-7214


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25093522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-26 11:57 | 反核・平和 | Trackback