エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ヤマトでも佐川でも「サービスにはそれ相応の報酬」がなければ無理が来る

アマゾンの配達を請け負うヤマト運輸の現場。
そして、配達員が受け取り主不在の荷物を蹴った事件。
矛盾が噴出しています。

サービスには、それ相応の報酬がなければ無理が来ます。

アマゾンの本場アメリカで、日本と同じサービスを本気でするなら、料金が数倍になるという
話です。

日本の生産性が低いと言うけれど、単純に、正当な報酬を払っていないだけでしょう。

日本の場合は、無理矢理、「安くて早い」を実現しようとするから、無理が来るのです。
また、お客様が不在の場合と、そうでない場合では、手間が全然違います。
しかし、料金は一緒というのも納得できない。
また、忙しい人は、むしろ、在宅でいられない確率が高いのだから、店で買った方が良いとも思います。
利便性に対してはそれなりの報酬を。
お客様はそのことを認識する必要がある。
そして、経営者もまた、現場に無理はさせてはいけない。
そのためには、行政が、きちんと、法令遵守をしない事業者は「TKO負け」
というルールにした方が良いと思います。
そうすれば、事業者も法令(労働法規など)を守るため、無茶はしなくなる。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25101254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-28 19:46 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback