エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍総理にとり「アメリカ的価値観」は邪魔 「強者としてのアメリカ」にしっぽを振っているだけ

安倍晋三総理は、自由とか民主主義、人権など、アメリカが「建前」として一応掲げてきた価値観は
「邪魔だ」と思っているでしょう。

彼は、結局の所、「強者としてのアメリカ」にしっぽをふっているだけである。
最近ではアメリカの力が落ちてきているから「ロシア」にしっぽを振っているだけである。
それ以上の考えはないのです。

この間の総理の行動を見るとそうとしか思えないのです。
そのときそのときで刹那的に強そうな方にしっぽをふる。
それしかないのです。
あまりにも見え見えですが、いわゆるネトウヨ=安倍総理支持者は、「それも仕方がない」
とおっしゃるわけです。ここまでくると「右翼」というよりは「ただの事大主義者」
ということになるでしょう。

なお、総理と対極的なのは冷戦時代のフィンランドでしょうか。

フィンランドは、強大な陸軍を持つソビエトと陸上で国境を接している等の事情から、ソビエト寄りのスタンスをとりました。
しかしながらも、内政では民主主義、人権を固持したのです。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25104092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-29 15:25 | 思想・哲学 | Trackback