エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【トランプ現象/テロ】いまこそ格差是正!共謀罪でテロは防げない!外交はフィリピンを少しは見習え・・・本社社主・古市橋駅前演説

e0094315_14235590.jpg


本社社主・さとうしゅういちは、アメリカのトランプ大統領が正式に就任した2017年1月21日午前、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
「トランプ大統領誕生の背景として、格差の拡大があり、それが(アメリカの製造業が今より強かった)昔を懐かしむ風潮につながった」
と分析。
「格差が拡大しすぎると政治も危ない方へ向かう。人々の生活不安を取り除くことが政治家の第一の責務ではないか?」
と指摘しました。
その上で、
「年金カット、介護保険改悪、医療費負担増などで、生活不安を倍増する安倍総理のアベコベなお金の使い方を是正することが必要だ。」
「労働分野でも、電通や三菱など、一部の企業が摘発されたが、本来ならもっと労働基準監督行政を増強し、法令を遵守する企業が有利になるようにすることが一番効果的だ。」
と強調しました。
また、テロについて
「そもそも、フランス人の若者が単独でトラックで突っ込んで人を殺している。こんな場合には「テロ準備罪」と言う名の変わった共謀罪を導入しても防げない。」
と指摘。
「一方で、一般人には関係ないと菅官房長官はおっしゃるが、治安維持法だって、保守本流の吉田茂が捕まっている。政府が気に入らない奴を捕まえることに濫用されかねない。」
と訴えました。
そして、
「そもそも、先進国でも人々に希望がなくなっているから、イスラム国に帰依する若者が増えるのではないか?」
と指摘。
格差是正、特に社会保障や教育の重要性を訴えました。
さらに、安倍総理に対しては
「フィリピンのドゥテルテ大統領に『ミサイルはいらない。第三次世界大戦を見たくないから』などと言われて恥ずかしいではないか?これではどちらが平和憲法を持つ国か分からない。」
と苦言。
「安倍さんがいくら、フィリピンをけしかけて『中国包囲網』で一緒に戦ってもらおうとしても、無駄な努力だ。むしろ、日本とも中国とも平気で仲良くするフィリピンのバランス感覚を見習うべきだ。トランプ政権のアメリカが内向きになる可能性が高いことを考えればますますそうだろう。」
と指摘しました。

参考記事

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25210707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-21 14:26 | 活動報告 | Trackback